安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。

はじめに

将来の相続について相談

自分が生きている現在は特に問題などはなくても、自分がいなくなった後、子孫が相続の事について揉めるのは嫌だというのであれば早めに相続の相談をしておくといいでしょう。

中には相続の問題を回避するために自作で遺言書を用意する人もいますが、自己流であれば、法的に意味をなさない事もある様です。ですので、将来の相続に向けて準備をしておきたいのであれば、今から司法書士や弁護士などの法律家に相談するのもいいでしょう。

司法書士や弁護士などの法律家に相談をすると、遺言書を作成してくれます。相談の際には、自分がどの様にしたいのかという意図も明確にしておきたいですね。

相談をして遺言書を用意しておくと、後は将来の事について心配する事なく生活できますね。遺産相続については甘く考えないで、しっかり対策しておく方が好ましいでしょう。

相続手続きは非常に煩雑である場合もあり、そんな場合は専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

登記などの相続手続きはそれぞれの専門家に相談

遺産の相続時には、法的な手続きがたくさん発生することになるので、素人だけでは適切な処理が難しくなるため、専門家への相談を行っていったほうが確実です。 主な相続時の手続きとしては、遺産分割の協議や生前の遺言書の作成などがあり、弁護士などに業務を依頼することが多いでしょう。

相続手続きとして、遺産の中に土地や家屋などの不動産が含まれている場合には、相続登記を司法書士事務所に依頼することになります。 各事務所がしっかりとつながっているような連携の取れている事務所であれば、依頼時に手続きがスムーズとなることでしょう。

遺産分割協議はたちばな総合法律事務所 相続手続き、遺言書作成について。

実家の集まりを利用し、遺産相続トラブルを回避しよう

遺産相続トラブルはいわゆる一般的な大衆の家庭でも起きます。 むしろ昨今では、資産家ではない一般庶民の家庭で親族間の争いが多発しています。 酷い場合だと家庭裁判所まで遺産相続トラブルが持ち込まれ、仲良しだった兄弟や親戚が家長の死去によって、骨肉の争いを繰り広げます。

トラブルを回避するためには、事前の話し合いが大事です。 実家に兄弟・姉妹、親戚一同が集う法事や盆、正月などの機会を十二分に活用しましょう。

事前話し合い、分与の質や量をそれとなく決めておけば、突然の故人の死去によって揉める事はありません。 介護をよく担っていた長男は多めに受け取れる等、決めておけば家庭裁判所で争う必要はありませんし、弁護士に依頼する必要性も無くなります。

遺産相続における遺産の価額を計算する

遺産相続は、亡くなった人の財産や債務の一切を相続人が受け継ぐことを言います。 相続する遺産の範囲は、現預金、土地家屋、貸付金、株式、骨董品、事業で使用する機械、製品、売掛金、生命保険金などの財産のほか、葬儀に係る費用や住宅ローンなどの借金、未払いとなっている医療費、亡くなるまでに負担する税金などの債務があります。

遺産相続では、これらの項目について価額を算出し、相続する遺産を決めます。価額の算出には、不動産であれば路線価や固定資産税評価額などを使用しますが、一般の人では難しいので弁護士や税理士に相談した方が良いでしょう。

遺留分の不相当な対価による有償行為とは

遺留分に含まれる財産には「被相続人が相続開始時に有していた財産」「被相続人が生前に贈与した財産」「相続人が受けた特別受益」などがありますが、もしも不相当な対価による有償行為があった場合は、これも遺留分算定の基礎となる財産に加えることができます。

たとえば相場が1000万円の不動産が10万円で売られていたようなケースです。それが正当な売買行為であっても、通常であればありえないような安い価格で取引されているために、算定の基礎となる財産に加えることができます。ただし、減殺請求するときには遺留分権利者がその対価を償還しなければなりません。

遺産分割協議と親族の対応の取り方

遺産分割協議を開始するうえで、それぞれの親族間の話し合いの方法をきちんと検討することが重要となります。 最近では、遺産分割協議の利点について、知りたいことがある場合には、なるべく多くの人のアドバイスを参考にすることが大事です。

特に、ニーズの高い法律事務所の最新のサポートの良しあしに関しては、一般の消費者にとって、冷静に判断をすることが難しいといわれています。 そこで、遺産分割協議の内容を理解するにあたり、まずはプロフェッショナルのスタッフがそろっている法律事務所にお世話になることが望ましいといえます。

初めての遺産相続相談で気をつけるポイント

初めての遺産相続相談で気を付けるポイントについては、多くの現代人にとって、興味深い課題の一つとしてみなされています。 とりわけ、高額な遺産を分配するにあたり、大阪や神戸などの定評のある法律事務所のサービスの良しあしをじっくりと見極めることが良いでしょう。

また、遺産相続相談の仕組みについて迷っていることがあれば、専門性の高いサービスが導入されている事務所に問い合わせをすることが肝心です。 その他、遺産相続相談の料金の支払い方を理解するにあたり、より多くの経験者の成功体験談をチェックすることが望ましいといえます。

税理士に遺産相続相談する際の選び方

医者などに診療科目があるように、税務処理の専門家である税理士にも得意分野があるので、相続に掛かる税務について経験が豊富な事務所を探して遺産相続相談をするとよいでしょう。

神戸や大阪などの大きな都市には税理士事務所も多数あるので、遺産相続相談を主に扱っている事務所も見つけることができます。 慣れている専門家であれば、過去に自分が抱えている問題と同様のトラブルを処理した経験があることも考えられるので、問題もしっかりと処理してもらえるでしょう。 経験豊富な先生を選ぶことも必要ですが、初回の相談などを通じて、相手が信頼できそうか見極めるのも良いでしょう。

弁護士に遺産相続相談する際にかかる費用

遺産相続の問題は、本人が亡くなってから起きることも多く、生前から残された家族のために準備しておくことが大切です。残された家族のために、遺産相続相談は、早めに行っておくことがポイントです。大阪や、神戸には、遺産相続相談を行っている弁護士事務所があります。

無料相談を受け付けているところもあるので、費用についても詳しく問い合わせてみると良いでしょう。一般的に遺産相続に関する相談費用は、5万円程度が相場になっています。作製する書類や、内容によって、5万円から10万円が一般的なので、相談する時に費用について問い合わせることが大切です。

遺言書作成のポイントについて

遺言相続の流れにおいて、遺言書作成は最も効果的な手段と言えます。書き方を守れば法的な効力も発揮します。自分の死後を想像するのは容易ではありませんが、残された家族や親族が円満に生活できる事ができますので、遺言を残すのは大切な事となってきます。

遺言書を書く際のポイントとしては、ぼやかす事なくはっきりと記載する事です。又、財産の内容だけの明記ではなく、ある場所も記載する事が大切となります。遺言書の保管は厳重にする事、遺言執行者を立てるが大切です。遺言執行者は弁護士などの専門であり第三者に頼む事が大切です。大阪など大きな都市には相続手続きなどの相談を行う事業者が豊富に存在します。

弁護士との遺言書作成

残された家族が困ることのないよう残しておくのが遺言書です。遺言書作成は自分自身で書き上げることもできますが、弁護士と共に作る方が効力の強いものとなります。それは偽造の恐れなどがないと認められるためです。

弁護士に相談した場合、本人の意思を聞き取りながら、弁護士が代筆してくれるようなものです。弁護士に頼ることで信頼性という面だけでなく、不備がないかどうかなどチェックにもなります。こうした遺産関係の問題に強い弁護士に相談するのが一番ではないでしょうか。無料相談を受け付けている事務所も大阪など各所にあるようなので、気軽に相談できます。

弁護士ができる相続手続きについて

法律事務所で対応ができる相続手続きにはどういった種類があるのでしょうか?まずは①戸籍謄本取得②遺産分割協議書の作成③法定相続情報証明取得④相続関係説明図の作成が主に可能ですし、親族間でもめ事が起きた場合に介入することもできます。

トータル的に見ると弁護士にできないのは相続税の申告業務だけです。こちらだけは行政書士しかできません。しかしこちらは相続の金額が1200万円以上の場合にのみ発生するようなものですので、この申告が必要になるような場合はほとんどありませんので、ほとんどケースでは弁護士に依頼をすることですべて解決します。

遺留分の内容について

遺産相続時の遺留分の内容については、法定相続人に定められている最低限度の保証であり、これから生活していくうえで必要不可欠なものでしょう。遺言書などによって、この遺留分が考慮されていないケースには、その遺言書の内容を覆すこともできます。

遺言書については故人だけで作成したケースにおいて、このようにしっかりと内容が反映されていないケースも数多くありますので、しっかりと確認することが大切です。弁護士に依頼すれば、申立てなどの手続きなども行なってくださいますので、必要に応じて依頼することをおすすめします。

コンテンツメニュー
相談をして相続の揉め事を回避
相続手続き代行
相続手続きが得意な弁護士
相続手続き
相続手続きを司法書士に
相続手続きの対象となる相続人とは
着目したい相続手続きのポイントとは
行方不明の家族と相続
相続税お尋ね
相続税税務調査
未成年への遺産相続からトラブル
預貯金解約を含む遺産相続手続きは弁護士や司法書士へ
遺産相続は弁護士へ依頼
遺産相続の際の相続人は誰
遺産相続で相続問題となるもの
相続相談の相場はどれくらいか
遺言書作成
パソコンで入力しない遺言書作成
遺言書作成の際に相続税も把握
遺言書作成
相続手続きなら遺言書作成
有効な遺言書作成方法とは
遺言書作成には紛失のリスクがある
遺言書作成の意義について
相続税お尋ね
回答しないといけない相続税お尋ね
注意したい相続税のお尋ね
遺留分
遺留分
なぜ遺留分請求制度があるの?
注意したい遺留分の内容項目
遺留分減殺請求には期限がある
遺留分は相続人の生活を守る
遺産分割協議
遺産分割協議
遺産分割協議を検討するポイント
遺産分割協議を行う際の順位
遺産分割協議は強制参加
遺産分割協議を円滑にすすめるために欠かせないもの
未成年者と遺産分割協議について
不動産の相続
土地または不動産の相続
相続の手続きをしたい空き家や空き地
複雑な不動産や土地の相続
ページトップ