安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 有効な遺言書作成方法とは

有効な遺言書作成方法とは

相続に関するトラブルを避けるためには遺言書作成をして残しておくことが大切です。 しかし遺言書は正しい書き方で書かれていないと無効になってしまう可能性があります。

有効な遺言書作成の書き方としては、まず文書でなくてはならないということと、作成した日付がしっかりをわかるようになっている事、そして自筆の署名と印鑑が押してあることが最低限の条件になります。

間違いなく有効な遺言書作成をするのならば行政書士や弁護士などの専門家に相談してみるのが確実といえます。 また遺言書の執行や手続きなどもお願いすることができます。

遺言書作成によるメリットとは?

遺言書作成の方法には、被相続人の自筆で書かれた遺言と、公証役場で作成した遺言があります。それぞれのメリットは、前者は手軽に行える事、後者は確実に相続人に遺言を届けられる事です。

自筆遺言は、被相続人が自筆で遺言の内容と日付を書けば、それが遺言となります。何の手続きも費用も必要なく、簡単に作成できます。ただし、何度も遺言書を書きなおしたり、紛失や改ざんといったリスクがあり、遺産分割時に争いが起きる可能性があります。

公正証書遺言は、公証役場で被相続人の依頼を受けた公証人が遺言書作成を代行します。公証役場での手続きや数万円の費用が掛かりますが、遺言書を公証役場で保管するので紛失や改ざんのリスクはなく、自筆遺言と違って家庭裁判所での検認は不要で、確実に相続人に遺言書を届けられます。

相続財産の遺言書作成について

自分の大切な財産を、自分の死後に相続させることについてはきちんとした遺言書作成をする必要があります。特に相続人が多いばあや、遺産が多い場合にはもめることが多くなる傾向にあります。今まで仲良かった子どもたちがこれを機に縁を切ることもあるくらいです。

ですから、法のルールにそったゆうこうである遺言書作成をする必要があるのです。相続財産をきちんと把握して、自分の希望や相続人たちの不満がなるべく出ないように作成するために、弁護士や会計士などの専門家に相談することも良い方法です。そして、その保管を弁護士や信頼できる知人などに預ける人は多いです。また、自宅に保管する場合には普段は見つけにくく、何かあったら探しやすい場所が最適です。

公正証書遺言書作成手続きの流れとは

公正証書遺言を作成するためには、弁護士や司法書士などの第三者に対応を依頼することが欠かせません。現在のところ、大阪で遺言書作成に取り組もうとする人が増えてきており、正しい手続きの方法を理解するうえで、信頼度の高い依頼先を見つけることが望ましいといえます。

また、遺言書作成の手順についてわからないことがある場合には、隙間時間を使いつつ、腕利きのスタッフが在籍している法律事務所の最新の実績に注目をすることによって、多忙な毎日を送っている人であっても、短期間のうちに理想的な契約先を選ぶことが可能となります。

遺言書作成をスムーズに行うには

自分の遺産を残すために、また家族へきちんと分配されるために、遺言書作成を検討している方にとって、どのように進めれば良いかを悩む場面は多く見受けられるでしょう。行政書士などの専門家に相談することは当然のことですが、相続に関する相談や遺言書作成についての認識など、情報を集めながらサポートを受けられる会社が存在しています。

大阪を中心に全国各地に見られ、またインターネットでの情報量も充実しているため、様々な背景を持つ方に重宝する機関が数多くあります。実際の手続きを行わくても、むりょうで相談を受け付けてもらえます。

遺言書作成の確実な方法について

遺言書を作成したからといって、全てにおいて効力を発揮する事はありませんが、遺言書作成をすることで、親族間のトラブルを未然に防いでいくことができます。一番確実な遺言書として挙げられるのが、公正証書遺言の方式になります。

公正証書遺言は専門機関に所属する公証人と、遺言書作成を進めていくことが可能になります。遺言書は公証役場に厳重に保管されますので、紛失や偽造などのリスクから回避することができ、安心して作成することができます。公証役場は全国に設置されていますので、近隣の場所で依頼することも可能になります。

遺言書作成に関する記事

ページトップ