安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 複雑な不動産や土地の相続

複雑な不動産や土地の相続

シンプルに相続ができるケースもあれば、不動産や土地の相続などではとても複雑になってしまう事もある様です。養子となっている人がいたり、もしくは家族や親せきが多い場合などは複雑になってしまいがちではないでしょうか。

また、不動産や土地を相続しても、活用する事ができず、売却してもそれほどの価値はないと思われる場合には、不動産や土地の相続を望まない事もあるかと思います。

不動産や土地のままで相続する場合には、何人かの人で分けるという事ができないので、配慮したいですね。不動産や土地はいろんな利用の方法があります。自分達にとってベストだと思われる利用方法をぜひ話し合って結論を出したいですね。

不動産の相続相談は弁護士がおすすめ

相続相談でよく寄せられるのが、土地や建物などの不動産に関する問題です。明確に分割できる預貯金とは異なり、誰が相続するのか、またどうやって分割するのかなどトラブルがつきものです。こういったトラブルを解決するにあたっては、法律の専門家に依頼することが一般的ですが、誰に相談するのがよいのでしょうか。

相談先としては弁護士、税理士、行政書士、司法書士がありますが、不動産に関する相続相談は弁護士にすることをおすすめします。なぜなら、問題が複雑化して裁判に持ち込まれたときに対応できるのは弁護士だけだからです。

遺産相続と固定資産税の支払い方

遺産相続の手続きをとるにあたり、土地や家屋の固定資産税の支払額をきちんと計算することがおすすめです。 最近では、税理士などのプロフェッショナルからアドバイスを受ける人が増えてきていますが、遺産相続のメリットを正しく理解するにあたり、将来的な不安を取り除くことが良いでしょう。

もしも、遺産相続のリスクについて知りたいことがあれば、専門性の高い法律事務所にサポートを依頼することが欠かせません。 その他、固定資産税のシミュレーションを利用することによって、素人であっても安心して行動をすることが可能となります。

相続相談を司法書士にするのはどう?

自分が亡くなった後に、残された家族に相続に関するトラブルを抱えさせたくないと考えて、事前に遺言書を作成する方が増えてきています。しかし、いきなり自分で何もないところから遺言書を作成することはとても難しいため、法律の知識が豊富なプロに相談する必要が出てきてしまいます。

そういった場合には司法書士に相続相談を行うということも一つの方法です。事前に誰に何をどれくらい相続してもらうかということを決めておくことで無用なトラブルを避けることができます。相続相談を行う際には司法書士に相談することができるということは覚えておいて損はありません。

遺産相続相談の依頼先とは

どこの家庭でも、そこの主が亡くなれば、残された遺産について相続が発生します。遺産相続相談ができる事務所として、弁護士や司法書士、行政書士などがありますが、家庭によって依頼先が異なるものです。

相続人が複数いた場合、また田んぼや畑などの土地があり名義を変えることが、あらかじめ分かっている場合は、相続に特化した司法書士に遺産相続相談をしたほうが良いようです。もちろん弁護士事務所でも行っていますが、相手も弁護士をつけてきた場合など紛争でも起きない限り、逆に弁護士を介入させることでトラブルになるケースもあるようです。

遺産相続相談を銀行にするのはどうなの?

族同士で揉めて場合には介入してくれることはありませんし、相続税が出た場合には申告するには別途税理士へ依頼をする必要があります。ただし、やはり法律事務所や、司法事務所などに比べると通常から足を運んでいることや、ネームバリューが大きな銀行も沢山ありますので、そちらを使用するという安心感はあります。

最初から法律事務所に依頼するのは不安という人はまず銀行を通してからという流れでもいいかと思います。

不動産の相続に関する記事

ページトップ