安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 行方不明の家族と相続

行方不明の家族と相続

ここでは行方不明の家族と相続について考えてみたいと思います。

家族が離れて生活する事もあり、何十年も連絡を取っていない人がいるという事もあるかと思います。行方不明の定義については難しい所もありますが、戸籍などから探すなど最大限に努力を行ってそれでも見つからない場合には、行方不明とみなされる事もあります。

行方不明の場合でも相続の権利がありますので、そのままにせずに不在者財産管理人選任の申し立てや失踪宣告の申し立てを家庭裁判所に行いましょう。

また、行方不明の家族に子供がいると、行方不明の子供に相続される事もある様です。

相続についてはいろんな状況が考えられます。相続についてわからない事はそのままにしないで、法律家に詳細を聞くなどしてから実行した方がいいかと思います。自分の欲が出すぎない様にしないといけませんね。

相続は遺産分割が必要になる

相続が発生すると、承継した財産は相続人間で共有状態となります。そのため、そのままでは自由に処分することはできず、具体的に誰がその財産を承継するのかについては、遺産分割協議をして決定することが必要です。

現金など過分なものはそうではありませんが、預金債権の場合は銀行実務では遺産分割協議が成立していないと応じないというようになっているため、事実上は勝手に処分することはできません。この協議は、時に長引いてなかなかまとまらないということが多いです。最終的には裁判で争って決着をつけることになりますが、決着まで数年の月日がかかることもざらです。

相続相談のコツ・仕方

遺産分割で揉めそうな時には、予め弁護士や司法書士に相続相談をするのが良いです。 弁護士の場合には、相手と揉める場合には役立ちます。裁判でも調停でも手続きもやってくれますので、まずは無料相談会に参加してみるのも一つの方法です。

コツとしては、自分が主張している内容が正当かどうかを判断してもらえるように主張をまとめておくことが必要です。相続金額が分かっている場合にはそれを見せると良いです。相続相談はこれからも増えていくので、トラブルが起きる前に解決しておくことが無難です。遺言書の作り方なども参考になります。

相続相談前には情報をまとめて置く

相続相談に関する情報をキャッチするためには、実に様々な方法がありますが、いざという時のために、常日ごろから必要な知識を身に着けることが欠かせません。

また、相続相談のプランの選び方について迷っていることがある場合には、プロのスタッフがそろっている法律事務所の最新のサポートの内容をチェックすることが望ましいといえます。

もしも、相続相談のテーマに関して知りたいことがあれば、早いうちから顧客対応が優れている弁護士や司法書士などに問い合わせをすることで、誰しも積極的に行動をすることができるようになります。

相続手続きに関する記事

ページトップ