安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺言書作成

パソコンで入力しない遺言書作成

自筆の遺言書作成を行う場合には、手間を考えるとパソコンで作成したいと思う人もいるかと思いますが、手書きで作成する必要があります。

パソコンで遺言書作成をすると、間違った時にはすぐに書き換えをする事ができますが、誰でも作業が簡単にできてしまうので、他の人が勝手に自分の都合が良くなる様に書いてしまう可能性があるので、遺言書作成は自筆である必要があるみたいです。

字を書くのが苦手であったとしても、遺言書作成は手書きする様にしましょう。遺言書作成で失敗しないかどうか不安だという人は、パソコンで下書きを作成しておいて、後は同じ様に紙に書くだけという状態にしておくのもいいかと思います。

遺言書作成と開封について

遺言書作成のポイントをマスターするためには、ある程度の知識や経験が必要となることがありますが、書類の開封のタイミングをじっくりとチェックすることが求められます。 特に、大阪の法律事務所のサポートの内容については、様々なカタログやパンフレットなどに掲載されることがあるため、少しでも分からないことがある場合には、早いうちから情報を集めることが良いでしょう。

また、遺言書作成の時期について知りたいことがある場合には、各方面の媒体を使うことによって短期間のうちに便利な知識を身に着けることができるようになります。

遺言書作成は民法に規定する遺留分に配慮する

被相続人の最後の意思表示を遺言書作成で行ったとしても、遺留分を主張されると遺言書通りの遺産分割とはなりません。 遺留分は民法が定める最低限の分割割合であり、遺言書でも侵害することができませんので、例えば遺言書作成で愛人に全ての財産を譲るとしても、遺産の半分(父母のみが請求した場合は1/3)を請求した人に支払う必要があります。

これは遺産分割で争う原因の一つであり、弁護士を立てて裁判にまで発展するケースもありますので、遺言書作成には十分な配慮が必要となります。 なお、遺留分の争いを生じさせない方法として、相続人の廃除や遺留分放棄などがありますが、家庭裁判所での手続きが必要ですので、こちらも弁護士への相談は不可欠と言えます。

複数の遺言書作成の方法について

複数の遺言書作成のポイントをマスターしたい場合には、プロの弁護士に相談をすることがとてもおすすめです。 近頃は、顧客サービスが充実している法律事務所の選び方について、多方面のメディアでピックアップされることがあるため、少しでも知りたいことがある場合には、親切なスタッフからアドバイスを受けることが良いでしょう。

また、遺言書作成に関する無料相談のサービスが充実している法律事務所を探すことが効果的です。 その他、遺産相続のトラブルを未然に防ぐために、相続人の間で話し合いの機会をセッティングすることが良いでしょう。

遺言書作成による息子への相続について

例えば息子一人だけに全財産を渡すという遺言書作成を行っていた場合、遺言書自体は有効ですが、他の相続人からの不満が発生しトラブルへと発展することは必至です。そういったトラブルを避けるために専門家へ相談した上で周りに配慮をした遺言書作成をすることが大切です。

また、特定の息子に財産を残したくない場合は遺言書作成することによって相続人から外すことができます。申し立て自体は生前に行うこともできますが遺言書に意思表示を残して遺言執行者の手に委ねるということもできます。

これには虐待や侮辱が行われていたり、目に余るような非行があったりするという条件が必要になり、その上申し立てを認めるかどうかは家庭裁判所の判断になるので、却下された時のことも考えて専門家と一緒に遺言書を作成することが必要となります。

トラブルを未然に防ぐ遺言書作成

財産を所有している人が亡くなった場合、何かとトラブルを招いてしまうのが、遺言書作成されていない場合です。遺言書がないと、遺産は決められた親族に均等に配分となりますが、故人によって口約束などで遺産を相続する予定だった親族などがいると、問題が起こりやすくなります故人の遺志をはっきりさせるためにも、またトラブルを未然に防ぐためにも、きちんとした書式で遺言書作成を行っておく必要があります。遺言書は、正しい形式などはないものの、財産が多い方などは、司法書士や弁護士など専門家に依頼をして、公的な書類としておくのをおすすめします。

遺言書作成と署名の方法について

遺言書作成を行うにあたり、署名をする必要があるため、担当のスタッフとよく相談をしながら、正しい手続きの内容を理解することが良いでしょう。 現在のところ、遺言書作成の重要性に関して、数々のメディアで大々的に取り上げられることがありますが、将来的なリスクを回避するために、常に役立つ情報を集めることがおすすめです。

また、遺言書作成の際にかかるコストの相場については、一般の消費者にとって、すぐに判断をすることが難しいといわれています。 そこで、法律の専門家から定期的にアドバイスを受けることが成功のポイントです。

失敗しない遺言書作成 の方法

遺言書には大きく分けて2種があり、公正証書遺言と自筆証書遺言です。自筆証書遺言書作成のメリットは費用が掛からない事です。そして、秘密にできるという点です。しかし、自筆とみなされないものもあるので注意が必要です。

たとえば、ワープロやパソコンで作成したものや、ビデオレターや、レコーダーなどに録音した物、もちろんですが、他の人に代筆をしてもらったものも、自筆ではありませんので認められません。他にも、不備があっても気付かずに無効になる事があるというデメリットもあります。公正証書遺言のメリットは作成の不備の心配がないことです。遺言書の保管もしてもらえます。これは大阪でも同じです。

いざという時の遺言書作成

いつわが身に不幸がふりかかるかわかりません。ですから残された家族のためにもしっかりと自分の意志を残しておくことは大事なことではないでしょうか。遺言書作成は自分一人で行うことができます。書き方を知りたいという時は検索しても書籍を参考にしてもいいでしょう。

そうして自ら作った遺言書もちゃんと法的に効力のあるものです。しかしながら弁護士などの第三者が携わった方がよりよいです。第三者がいることによってより法的に強固な遺言書となるからです。大阪にもそういった問題に関して強い弁護士はいるようなので、相談するのがベストでしょう。

遺言書作成における強い味方

遺言書には効力の違いがあるということをご存知でしょうか。一人で作成したものよりも、弁護士を通して作成した遺言書の方が、法的に効力が強いのです。もちろん一人で作成した遺言書も有効です。

ですが、弁護士のような第三者がいるとしかるべき場所へ保存されるので偽造の心配などがなく信用度が高いのです。また専門家なのでなんらかの不備があって無効になるという心配もありません。遺言書作成における確実な方法は弁護士に頼ることです。大阪など遺産問題に詳しい弁護士は全国にいて、無料相談を受け付けている事務所もあるようです。

手軽で費用のかからない、自筆の遺言書作成とは

遺言書は、ある程度の財産があり遺産相続のトラブルを生じかねない場合と、自分の意向を通したい時に作成しておくべき書類です。 安心で確実な公正証書遺言書の他に、自筆で費用がかからない自筆遺言書があります。

大阪で予算をかけずに遺言書作成したい場合は、自筆遺言書が選択できますが法律で決まられた記載内容や形式でなければ効力がなくなりますから、事前に記入の仕方など確認しておく事が重要です。そのためには遺言書作成に詳しい大阪の弁護士や司法書士、また行政書士に相談することも可能ですが、自筆が絶対条件ですから代筆を依頼することはできませんし、ビデオなどの映像で残すことも当然無効になります。

遺言書作成に関する記事

ページトップ