安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺産相続

遺産相続は弁護士へ依頼しましょう

遺産相続でもめるのは高額な遺産がある場合と考えがちですが、実際にはむしろそれほど遺産がない場合のほうがもめることが多くなります。高額の場合にはすでに弁護士などに依頼し手を打っていることが多いですが、それほど遺産がない場合の遺産相続は自分たちで解決できると考えることが多いからです。

ですがいざ相続の話し合いが始まりますとそれぞれの利害などが絡み合ってうまくまとまらないことも多いです、特に身内同士だからこそこじれる可能性が高くなります、ですので遺産相続に関しては金額に関係なく、できればはじめから弁護士へ依頼するほうが確実ですし、スムーズにすませられる可能性も上がります。

スムーズな遺産相続をするため遺言書を作ろう

日本人の寿命は確実に延びていますが、人間の寿命には限度があるのでこれから亡くなってしまう方が多くなると思われます。そこで、70代以降の方にアドバイスがあります。それはスムーズな遺産相続を行うために遺言書を作成しておくことになります。

相続はトラブルに発展しやすいので、誰にどのくらい相続させるかを決めておくべきです。体が元気に動くうちに作成しておくことをおすすめします。ただ、適当に作成してしまうのはナンセンスです。適当に作成してしまうと遺言書が無効となってしまうので、遺産相続の基本的な知識も含めて把握しておいてください。

遺産相続では遺言が重要となる

被相続人の最後の意思表示である遺言は、遺産相続において重要な意味を持ちます。なぜなら、これにより相続人や遺贈者、遺産分割など相続財産の処分が決まるからです。ただし、遺留分を有する法定相続人がそれを主張した場合は、民法で定める遺留分を除いた相続財産のみが処分されることになります。これは法定相続人が不利益を被る事を防ぐ目的があります。

また、遺言状を破く、捨てる、改ざんする、隠すなどした場合は、それを行った者の相続権は失われますので注意が必要です。なお、そうした場合であっても、その者の子供や孫は代襲相続によって遺産相続をすることができます。

遺産相続は専門家に相談しながら行おう

日本は高齢者の割合がどんどん高くなっているので、これから親などが亡くなってしまう方が多くなると考えられます。そこで、問題となるのが遺産相続になります。兄弟姉妹の関係に問題を生じさせる原因となっているので気をつけなければいけません。

遺言がされていればスムーズに相続されるのですが、遺言がされていないと解決するまでに時間がかかることがよくあります。そこで、スムーズな解決を図るためのアドバイスがあります。それは遺産相続を弁護士などの専門家に相談して行うことです。自分たちだけで行うより弁護士が間に入った方が上手くいく可能性が高いので、多少の費用は許容するべきです。

遺産相続でもめないための法律

遺産相続をめぐって親族同士の争いが起きてしまうことは残念ながら珍しい話ではありません。実家が資産家ではないから関係ないと思っていても、分ける財産が少ないからこそ揉めてしまうというケースもあります。

円滑な遺産相続を行うためには、まず相続される側が正しい知識を身に着けておく必要があります。相続について規定している法律は民法なので、関係者の頭に関連している条文が入っていると手続きが円滑に進みます。また、不当な財産配分に対して正当な権利を主張できる遺留分の制度など、法律を知っておくことは身を守ることにつながります。

遺産相続相談を信託銀行でしよう

信託銀行でも、遺産相続相談をすることが出来ます。しかしながら信託銀行は、とても手数料が高くなってしまします。信託銀行というネームバリューは、安心感があるので相続の事をなにも知らない人が利用しています。

信託銀行に依頼をすると、相続人がほとんどの作業をしないといけない為、とても大変です。相続人が持ってきた資料を参考に、財産目録は作成してくれますが、それ以降は、司法書士や税理士に別途依頼をしないといけなかったりと、あまり動いてはくれません。暇と資産が有り余っている方は、信託銀行を利用すると良いでしょう。

トラブルが起きたら遺産相続相談

大阪で遺産分割協議、相続手続きは相続の相談ができる機関、手続き

遺産相続に関する記事

ページトップ