安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺産相続

遺産相続の際の相続人は誰?

遺産相続の際に誰が相続するかに関しては法律で定められています。大まかな順位が、まず亡くなった人の配偶者、次に実の子供、さらに死亡した人の親や祖父母の順番で相続人として認められます。これらに該当する人物がいない場合には兄弟姉妹が相続する権利を持ちます。

死亡した時点で離婚しているなどで婚姻関係がない場合は配偶者とはみなされませんので相続相続人としての権利はありません。さらには養子の子も相続できますが特別養子縁組の子は養親だけの相続となり、遺産相続は複雑です。遺産相続はトラブルになりやすい問題ですので困ったときや問題となりそうなときには早めに、遺産トラブルを得意としているような弁護士に相談するほうが得策でしょう。

遺産相続のポイントと申告の必要性

遺産相続は、故人の遺産を相続する事で、金額により税務申告が必要になります。正規の遺言書があればその通りに分配して行えば良いのですが、遺言書が無い場合には、法定相続をする事になる場合と、協議書による分配方法があります。

遺産相続のポイントは、基礎控除3000万円と相続人一人に対して600万円の控除金額内であれば、税務申告をする必要が無いという事です。相続資産がそれ以上あった場合には、申告が義務づけられていますので必ず税務申告をしなければならないのです。

また税務申告をすると配偶者控除が1億6000万円まであるので、うまく利用すれば、遺産相続は非課税になる事も出来るので、控除の種類を調べてから行う事がポイントとなります。

遺産相続問題が発生したなら

親は愛する子供のためを思い、自分が一生懸命貯めた貯蓄や家や土地などの不動産、さらには株券などを子供に遺産として残します。しかし、親が亡くなった後に遺産相続問題が発生するということはよくあります。

仲良くしていた兄弟どうしてもお金が絡んでくると、仲がこじれてしまう、というケースも少なくありません。では、そういうことが発生したならどうすれば良いでしょうか?それは、遺産相続問題の専門である弁護士に相談する、ということです。弁護士は、親が残した遺言書などをもとに親の考えが子供にきちんと伝わるように、遺産を分配してくれます。

遺産相続では相続放棄もできます

遺産相続では預貯金や不動産以外に借金も相続することになります。全てを清算しても借金が残る場合は、相続人が返していかなければなりません。遺族が住み続ける自宅などを除いては、負の財産を引き継ぐことは苦しみです。

借金などが発覚した場合などは、相続放棄の申請をすれば遺族にふりかかる心配はなくなります。遺産相続人と分かった日から3ヶ月以内に裁判所に書類を申請する必要があり、期間が過ぎると借金も相続することになります。一度受理されると、詐欺など余程の理由がなければ撤回することはできませんので、別の財産が見つかった場合でも相続することはできませんので注意が必要です。

遺産相続相談の重要性について

家庭裁判所において、遺産相続に関連した調停や審判が近年急増しています。土地の価格が上昇し個人資産が増えた高度成長期からバブルを経て、一般の家庭でも相続争いが起きるようになっているようです。

遺産の相続には、相続法と相続税法という決まり事が存在しており、相続をめぐるトラブルや紛争に関する判例も多く蓄積されています。問題が大きくなる前に遺産相続相談を行うことで、速やかな解決へ繋がることもあります。弁護士や司法書士などの専門家によって、丁寧な対応が行われる他、無料での相談窓口なども設けられていることがあります。

長引くようなら遺産相続相談を使おう

最初のうちは、短時間で終わるかもしれないと思って、相続の話を行うかもしれませんが、意外と長引くことがあります。遺産相続相談は、長引くことがわかっている時に使うことで、更に長引くことを減らせるメリットを持っています。

交渉しやすくなり、分割する時のトラブルを解消することもできますから、無理なく分割できるチャンスが生まれます。遺産相続相談は、すぐに解決するようなら特に話をする必要はなく、本当に長引いて苦労する状況が生まれる時に行うのが望ましいです。そして少しでも早く解決するためのアドバイスを貰います。

遺産相続に関する記事

ページトップ