安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺産相続

遺産相続で相続問題となるもの

遺産相続で相続問題の可能性があるものには、被相続人の借金、家や土地などの不動産の分割方法、非嫡出子の法定相続人、遺言書があったときの遺留分など様々です。遺産相続の時に紛争になる原因は、多額のプラスの財産があり家族などの法定相続人の仲が悪い場合に、よく起こるものです。

被相続人に隠し子がいて、遺言書を見たら多額の相続をすることになっていたり、被相続人にとって納得できないこともあるものです。トラブルを未然に防ぐためには、相続紛争を数多くこなした弁護士が頼りになり、うわさや口コミを調べて相談してみるのも一つの手段です。

遺産相続における遺産分割とは

遺産相続の手続きの中で、遺産分割というのは、遺産に属する各財産がどの相続人のものになるかを具体的に決定することです。亡くなった人つまり被相続人が、遺言を残さないで死亡したときは、遺産相続の対象となる財産は、すべての相続人の共有となります。

共有と言うことは、各相続人が勝手に売ったりするような処分はできませんから不便です。そこで、話し合いによって具体的にどの財産が誰の物になるかを決定するのです。遺産分割の時期ついては決まった期限はありません。財産には、株式や土地や現金などいろいろありますから、分割をするには弁護士に入ってもらった方がトラブルを避けることができます。

遺産相続で相続税が発生する場合

遺産相続で相続税が課税される場合は、基本的に相続財産の額が基礎控除額を超えた場合であり、その超えた金額を法定相続分で按分し、それぞれの法定相続人が負担する額に応じた税率を乗じて算出した税額を合算して求めます。なお、その後に実際に遺産相続する人で税額を按分し、該当する税額控除を差し引いた額を納税します。

ここでいう相続財産の額は、現預金のほか、土地や建物といった不動産の相続税評価額から、債務や葬儀費用、仏壇やお墓など非課税となる財産などを差し引いた額を言います。基礎控除額は、3000万円と法定相続人一人に対して600万円を合算した金額を言い、相続財産の額がその範囲内であれば課税されません。

遺産相続は財産家だけがやるものではない

遺産相続というと、資産家の家だけに関係してくると思われていますが、実際は一般の家でも行う必要があります。 また大した財産がないから、うちはもめることがないと、いう人もいますが、財産の金額にかかわらず、もめるケースというのはあります。

昔は長男が家を継ぐという考え方があり、親の資産を受け継ぐことが多かったのですが、いまは兄弟で分売するケースが多いので、その比率によっては喧嘩になるケースもあります。ですから遺産相続は、だれが遺産相続人かとか、分配の率などをきちんと専門家に確認して行うことが望ましいです。

遺産相続相談のトラブルについて

遺産の相続は無関係と考えている人も世の中には多くいますが、遺産や家族がいれば誰にだって起こるうる問題となります。それが少ない遺産であり、分配しなければいけない家族が少なかっとしても、遺産問題を避けていくことは不可能です。

遺産の相続を遺産争族と言う人がいる様に、親族が争わなければいけない根の深い問題となります。遺産の相続は基本的には故人の遺言に従って行われます。しかしながら、遺言書は法律的な方法を満たしていく事が必要となりますので、少しでも間違いがあるとトラブルの元になりうるのです。遺産相続相談で問題となるケースは、ほぼ遺言状の間違いが原因となります。

トラブルが起きたら遺産相続相談

遺産は、かなりトラブルが起きやすいとされています。実際にトラブルが多発して、長期間ギクシャクした関係が続くこともあります。問題が起きないように、できることなら相談をしてください。

遺産相続相談は、対応している事務所が多いですし、多くの人が話をしてくれます。どのような原因があるのか、相続する時に苦労しているポイントは何かをしっかり把握して、トラブルを早めに解決するといいです。単純に相談するのではなく、解決方法をしっかりと教えてもらうように、何が重要なポイントとなっているのかを聞いておくことも大事になります。

トラブルが起きたら遺産相続相談

大阪で遺産分割協議、相続手続きは相続の相談ができる機関、手続き

遺産相続に関する記事

ページトップ