安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。

はじめに

将来の相続について相談

自分が生きている現在は特に問題などはなくても、自分がいなくなった後、子孫が相続の事について揉めるのは嫌だというのであれば早めに相続の相談をしておくといいでしょう。

中には相続の問題を回避するために自作で遺言書を用意する人もいますが、自己流であれば、法的に意味をなさない事もある様です。ですので、将来の相続に向けて準備をしておきたいのであれば、今から司法書士や弁護士などの法律家に相談するのもいいでしょう。

司法書士や弁護士などの法律家に相談をすると、遺言書を作成してくれます。相談の際には、自分がどの様にしたいのかという意図も明確にしておきたいですね。

相談をして遺言書を用意しておくと、後は将来の事について心配する事なく生活できますね。遺産相続については甘く考えないで、しっかり対策しておく方が好ましいでしょう。

相続手続きは非常に煩雑である場合もあり、そんな場合は専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

登記などの相続手続きはそれぞれの専門家に相談

遺産の相続時には、法的な手続きがたくさん発生することになるので、素人だけでは適切な処理が難しくなるため、専門家への相談を行っていったほうが確実です。 主な相続時の手続きとしては、遺産分割の協議や生前の遺言書の作成などがあり、弁護士などに業務を依頼することが多いでしょう。

相続手続きとして、遺産の中に土地や家屋などの不動産が含まれている場合には、相続登記を司法書士事務所に依頼することになります。 各事務所がしっかりとつながっているような連携の取れている事務所であれば、依頼時に手続きがスムーズとなることでしょう。

遺産分割協議はたちばな総合法律事務所 相続手続き、遺言書作成について。

実家の集まりを利用し、遺産相続トラブルを回避しよう

遺産相続トラブルはいわゆる一般的な大衆の家庭でも起きます。 むしろ昨今では、資産家ではない一般庶民の家庭で親族間の争いが多発しています。 酷い場合だと家庭裁判所まで遺産相続トラブルが持ち込まれ、仲良しだった兄弟や親戚が家長の死去によって、骨肉の争いを繰り広げます。

トラブルを回避するためには、事前の話し合いが大事です。 実家に兄弟・姉妹、親戚一同が集う法事や盆、正月などの機会を十二分に活用しましょう。

事前話し合い、分与の質や量をそれとなく決めておけば、突然の故人の死去によって揉める事はありません。 介護をよく担っていた長男は多めに受け取れる等、決めておけば家庭裁判所で争う必要はありませんし、弁護士に依頼する必要性も無くなります。

遺産相続における遺産の価額を計算する

遺産相続は、亡くなった人の財産や債務の一切を相続人が受け継ぐことを言います。 相続する遺産の範囲は、現預金、土地家屋、貸付金、株式、骨董品、事業で使用する機械、製品、売掛金、生命保険金などの財産のほか、葬儀に係る費用や住宅ローンなどの借金、未払いとなっている医療費、亡くなるまでに負担する税金などの債務があります。

遺産相続では、これらの項目について価額を算出し、相続する遺産を決めます。価額の算出には、不動産であれば路線価や固定資産税評価額などを使用しますが、一般の人では難しいので弁護士や税理士に相談した方が良いでしょう。

遺留分の不相当な対価による有償行為とは

遺留分に含まれる財産には「被相続人が相続開始時に有していた財産」「被相続人が生前に贈与した財産」「相続人が受けた特別受益」などがありますが、もしも不相当な対価による有償行為があった場合は、これも遺留分算定の基礎となる財産に加えることができます。

たとえば相場が1000万円の不動産が10万円で売られていたようなケースです。それが正当な売買行為であっても、通常であればありえないような安い価格で取引されているために、算定の基礎となる財産に加えることができます。ただし、減殺請求するときには遺留分権利者がその対価を償還しなければなりません。

遺産分割協議と親族の対応の取り方

遺産分割協議を開始するうえで、それぞれの親族間の話し合いの方法をきちんと検討することが重要となります。 最近では、遺産分割協議の利点について、知りたいことがある場合には、なるべく多くの人のアドバイスを参考にすることが大事です。

特に、ニーズの高い法律事務所の最新のサポートの良しあしに関しては、一般の消費者にとって、冷静に判断をすることが難しいといわれています。 そこで、遺産分割協議の内容を理解するにあたり、まずはプロフェッショナルのスタッフがそろっている法律事務所にお世話になることが望ましいといえます。

ページトップ