安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺産分割協議を検討するポイント

遺産分割協議を検討するポイント

遺産分割協議をスピーディーに行うためには、様々な知識や経験が求められることがありますが、早期に信頼度の高い法律の専門家にアドバイスを受けることがとてもおすすめです。

また、土地や家屋などの分割を検討している場合には、将来的なトラブルの原因となるケースが多いため、いざという時に備えて、アフターサービスの優れている法律事務所に相談を持ち掛けることがコツとして挙げられます。 現在のところ、遺産分割協議の取り組み方について、数多くのメディアで紹介される機会が増えてきており、まずは役立つ知識を身に着けることが大事です。

遺産分割協議と財産の明確化

遺産分割協議の際にお互いの相続分を明確にするにあたり、経験豊富な弁護士に仲介を依頼することがとても有効です。 最近では、相続に関するトラブルの事例が徐々に増えてきており、いざという時に備えて、信頼のおけるスタッフと継続的にコミュニケーションを図ることがおすすめです。

また、遺産分割協議のサービスの優れている法律事務所を選ぶためには、ある程度の知識が必要となることがあります。 そこで、将来的なリスクを避けるために、遺産分割協議を始めるタイミングをじっくりと考えることが重要なテーマとして位置付けられています。

成年後見人がいた場合の遺産分割協議

成年後見人がいた場合の遺産分割協議ですが、家庭裁判所の許可が必要になります。 遺産分割協議とは、つまり亡くなった被相続人の資産を自由に処分したり相続する事です。遺産分割協議は家庭裁判所だけでなく、相続人全員の同意が必要とされていますので、相続人のだれか一人が勝手に遺産を相続することは許されません。

高齢化社会になり、被相続人が高齢化・認知症になり自分で判断できないときに、家庭裁判所へ申請してたてられるのが成年後見人です。被相続人の財産をあずける形になるので、申請する場合は相続人でよく話し合ってから申請した方がよいです。

未成年者の遺産分割協議の参加方法

未成年者が法律上の行為をする際には、様々な制約がかかることがあるため、前もって信頼のおける弁護士にアドバイスを受けることで、納得のゆく対処をすることができます。 現在のところ、未成年者が遺産分割協議に出席をするケースが増えてきており、いざという時に備えて、それぞれの相続人の主張の中身をきちんと理解することが望ましいといえます。

そして、遺産分割協議の議題に関して分からないことがある場合には、早いうちから代理人の弁護士にサポートを依頼することによって、将来的な問題点の発生を最小限に抑えることが肝心です。

遺産分割協議の注意点

遺産分割協議を行う場合には、いくつかの注意点があります。分割協議を行う場合には、相続人全員の参加が必要です。一人でもかけた状態で行った遺産分割協議は、無効になります。さらに、相続人でない人が協議に加わった場合も無効になってしまうため、相続人だけで全員揃うことが絶対条件になります。

また、相続人が未成年の場合には、法定代理人が必要になります。ただし、同じ相続人の一人が法定代理人になる場合、利益相反となってしまうことから、利益関係のない人を選任する必要があります。行方不明者がいる場合には、相続財産管理人を選任してもらう必要があります。相続財産管理人は、家庭裁判所に選任してもらうことができます。選任してもらった相続財産管理人が協議へ参加してもらう必要があります。

協議を行ってもまとまらない場合の解決法としては、家庭裁判所に申し立てを行って解決を求めることが可能です。調停と審判があり、まずは調停から行われます。調停の場合は、当事者同士で解決策を見出すことが目的となるため、強制的な結論を出すことはありませんが、話し合いがまとまり、調停調書が作成されれば、確定判決と同様の効力を持つため、必ず従う必要があります。調停で決まらなければ審判を行うことになります。

遺産分割協議に関する記事

ページトップ