安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺言書作成には紛失のリスクがある

遺言書作成には紛失のリスクがある

遺言書は、いつでも作成することができます。自分の自筆で、署名押印をしたものは自筆証書遺言と呼ばれます。多くの方はこの方式で作成することでしょう。その理由は、遺言書作成にコストが一切かからないからです。

しかし。この方法で作成した場合、紛失などのリスクを負うことになります。たとえ作成がきちんと行われたとしても、紛失してしまえば相続についての決定が無意味になります。そのため、作成した後は、一定の信頼のおける人に預けるなどして、その存在が失われてしまわないように管理を心がけましょう。また、貸金庫に入れておくのもよいです。

遺言書作成でトラブルを招かないようにするには

遺言書作成は本人の意思を相続人に伝えるために行いますが、不明瞭な遺言書作成をした場合はトラブルを招く可能性もあります。 遺言書には、自筆で作成したものと公正証書で作成したものがあります。公正証書の遺言は公証人が被相続人に代わり作成するものであり、遺言の内容が不明瞭で伝わらない事は少ないです。

しかし、自筆で作成した遺言は被相続人が自由に作成できるため、遺産の分割や指定された条件などが正確に伝わらず、かえって誤解されたり、裁判などの争いに発展する事もあります。 そうした状況を避けるために、遺産分割の内容は第三者が見ても分かるようにし、かつ、指定した遺言以外の遺産についての取り決めも伝えるようにしましょう。

遺言書作成は遺留分を考慮しよう

将来、自分の大切な人だけに相続を残したいと考えている方は多いでしょう。中にはこの人には遺産を残しておきたくないと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし遺言書作成時には遺留分を考慮して作成する必要があります。

いくらあげたくないといっても法律で決められた分があり、渡さないわけにはいきません。その分を考慮して作成しない場合、裁判などになり、家族が争う結果になってしまいます。遺言書作成時に最低限の遺留分だけは、その人にも渡るように手続きし、後の分はきちんと大切な人へ渡るように手続きすることをお勧めします。

遺言書作成の仕方

生前からしっかりと相続について考えておき、できれば具体的な内容の遺言書を用意しておいた方が、相続発生時に親族間がトラブルになるのを防ぐことができるでしょう。 遺言書作成の仕方は、民法の規定などにのっとって作成することが求められており、しっかりとルール通りに作成しないと無効なものとみなされてしまうことがあるので注意が必要です。

弁護士や行政書士などの中には相続に関しての業務を得意としている専門家もいるので、遺言書作成を専門家に相談しながら進めていくことで、きちんとした有効なものを作成し、円滑な相続を行うことができるようになります。

遺言書作成に関する記事

ページトップ