安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 未成年への遺産相続からトラブル

未成年への遺産相続からトラブル

高額な金額のやり取りは未成年が行えないので、親が代理で行う事もありますが、遺産相続の時に未成年の子供と同様に親も遺産相続を受け取る事ができる立場であれば、親が自分にとって都合がいい様に遺産相続を進めてしまうとトラブルになるので、遠い親戚など関係ない人を特別代理人にして、遺産相続の話をする事でトラブルを回避する事ができます。

遺産相続の際にすでに成人になっていれば、自分で協議ができ、トラブルの回避に努める事ができます。いつも一緒にいる身内であるからこそ、トラブル回避に力を入れる必要があります。家族間でトラブルになると、大切な時に助け合う事ができなくなってしまう事もあります。

相続の手順について

相続は、被相続人が死亡することによって開始されます。分割をする前には共有状態となりますので、その後承継をする人たちの間で遺産分割の手順をとる必要があります。

これは、遺産分割協議で話し合われますが、話がまとまらないときには家庭裁判所に申し立てて、調停を行います。そこで話がまとまれば、以後はそれに従って分割されますが、そこでも話がまとまらなければ、訴訟で決着することになります。このように、相続は当事者の合意の形成が第一ですが、当事者間で合意がまとまらないと訴訟になるため、とても時間がかかる傾向にあります。

遺産相続では戸籍関係の書類は大量に必要

遺産相続では、多くの書類を用意する必要がありますが、その中でも戸籍に関わる書類は、最も多く必要となります。例えば、遺産相続で重要な手続きとなる相続人の調査や遺産分割協議書、遺産分割調停、遺留分減殺請求などで必要となり、それぞれの手続きにおいて必要が部数が異なりますので、大量に取得する場合もあります。

しかし、一般の人では、相続を理由に収集しようとしても、個人情報を理由に交付されない場合もあり、日本各地で戸籍謄本等を収集する事は非常に困難です。そうした場合は、弁護士や司法書士、行政書士といった職権を持つ専門家に依頼することで、スムーズに収集する事が可能となります。

大阪で遺産相続手続きで困ったら相談すべき場所

大阪エリア内で遺産相続手続きに関しての悩みを抱えているのならば、状況やかかる費用を検討したうえで、専門の知識を持った人に相談することをお勧めします。 遺産相続手続きに関するどういった悩みを抱えているのかという事や金額などによって、相談するべき相手は異なります。

相続税の申告について悩んでいるのであれば税理士へ・相続の内容などについて調停や審判といった裁判所での手続きで悩んでいるのであれば弁護士へと、悩みによって場所を選ぶ必要があるので、まずは自分がどのような悩みを抱えているのかを明確にし、その上でどこに話を持っていくべきかを改めて考えましょう。

信託銀行に相続相談する際にかかる費用

信託銀行に相続相談する際にかかる費用を節約するためには、高度なテクニックが必要となることがあります。 そこで、大阪や神戸などの話題性のある信託銀行の取り組みを定期的にチェックすることで、忙しい生活を送っている人であっても、冷静に判断をすることが出来るようになります。

もしも、信託銀号のメリットやデメリットに関して迷っていることがあれば、無料相談の対応がしっかりとしている依頼先を選ぶことがコツです。 その他、相続相談のポイントを把握するにあたり、複数の情報源を使い分けることが重要な事柄として扱われています。

遺産相続に関する記事

ページトップ