安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談、遺産分割協議、遺留分相談、遺言書作成等。
HOME 遺留分減殺請求には期限がある

遺留分減殺請求には期限がある

自分の相続する遺産が、遺言書の内容や不当に取り分が減らされていたりと、もらえなくなってしまう場合には、遺留分減殺請求を行います。その場合には、相続が発生した日から約10年と期限が決まっているので、早めの手続きを行います。

しかも、遺留分減殺請求は、約1年で請求できなくなってしまうので注意しましょう。相続が発覚した日については、被相続人が亡くなり自分が相続人であると発覚した日となるので、必ずしも被相続人が亡くなった日ではありません。自分がもらえる遺産は、しっかりと受け取れるように覚えておきましょう。

相続分の保証として最低限請求できる遺留分減殺請求

自分が相続するはずであった遺産が、何らかの原因により受け取れないと、発覚したときは遺留分減殺請求を行いましょう。その場合、手続きは弁護士に依頼するのがよく、場合によっては裁判となりかねません。

初めから弁護士に依頼することによって、代理人として同行してもらうことのほかに、何度も相談を重ねられるので、より詳細の把握ができます。また、遺留分減殺請求には、期限が設けられており、減殺するべき贈与が発覚した日から1年と定められています。その期間を過ぎてしまうと、請求できなくなってしまうので、早めの手続きを行います。

財産相続における遺留分

遺留分というのは、亡くなった方が不平等な遺言を作成していた場合に、被相続人が一定の割合で遺言を否定して、法定相続分の一部を取り戻すことができる権利を指します。遺言書で誰にどれくらい財産を相続させるかを指定されていても、法律上では、元々の法定相続人に対して最低限相続させる割合が決まっているのです。

ただし、遺言書により財産を相続した人に対して、請求を行う必要があります。また、請求期限があるため注意が必要です。相続財産は本来被相続人のものであり、被相続人は財産の分配や放棄を自由にできます。しかし、親族以外に譲るという遺言があった場合、親族にとっては問題となり、そのための権利でもあります。

遺産を受け取れなかったら遺留分の申請を

遺言書の内容によっては、自分が受け取るはずだった遺産を侵害されることがあります。その場合、被害に合った相続人は遺留分減殺請求をして、最低限の遺産を取り戻すことができます。愛人や世話になった人へ遺産が相続されてしまったら、相続人達は遺産を受け取ることができません。

法律では、そんな相続人へ最低限の生活ができるほどの金額を保証することを遺留分と呼び、場合によっては裁判を起こすことによって確保できます。しかし気を付けなければならないのが、申請を行うには期限があるということです。自分で手続きが不安だという人は、専門家に依頼しましょう。

遺留分は請求できます

遺留分は兄弟姉妹以外の相続権をもつ人たちに対して、民法で法律上確保されている最低限度の財産のことです。請求が出来る人を権利者といいます。請求する権利を減殺請求といいます。たとえば妻と子供が1人残された場合、遺言がない場合には、法定相続によってそれぞれ2分の1ずつ財産を相続します。

もし、妻にすべてを相続させると遺言があれば、何もしないでいれば子どもは一切の財産を相続できなくなります。不平等を解消するものです。遺留分減殺請求する事によって財産をとり戻す事ができるのです。なお、兄弟姉妹にはこの権利がありません。

遺留分の内容について考える

遺言書を作成するにあたって、法律で定められた遺留分の内容について考える事は必要不可欠なものであります。このことが考えられないままに、遺言書を作成してしまうと法律に反していることになりますので、遺言書は無効になってしまいます。

遺留分については、法定相続にが相続する必要最低限に保証されている遺産になりますので、万が一計算方法などがわからない場合においては、専門家にアドバイスを受けながら遺言書を作成することをおすすめします。弁護士のほかにも、アドバイスを行う期間はありますので、そのような場所を利用することも合わせておすすめします。

遺留分に関する記事

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する記事情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議、遺留分に関する記事以外のお問い合わせはこちらから

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は弁護士、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、法律事務所があります。

コンテンツメニュー
相談をして相続の揉め事を回避
相続手続き代行
相続手続きが得意な弁護士
相続手続き
相続手続きを司法書士に
相続手続きの対象となる相続人とは
着目したい相続手続きのポイントとは
相続手続きの不満も弁護士はわかっている
相続手続きをミスったら弁護士へ
行方不明の家族と相続
相続税お尋ね
相続税税務調査
未成年への遺産相続からトラブル
預貯金解約を含む遺産相続手続きは弁護士や司法書士へ
遺産相続は弁護士へ依頼
遺産相続の際の相続人は誰
遺産相続で相続問題となるもの
相続相談の相場はどれくらいか
遺言書作成
パソコンで入力しない遺言書作成
遺言書作成の際に相続税も把握
遺言書作成
相続手続きなら遺言書作成
有効な遺言書作成方法とは
遺言書作成には紛失のリスクがある
遺言書作成の意義について
相続税お尋ね
回答しないといけない相続税お尋ね
注意したい相続税のお尋ね
遺留分
遺留分
なぜ遺留分請求制度があるの?
注意したい遺留分の内容項目
遺留分減殺請求には期限がある
遺留分は相続人の生活を守る
気になる遺留分は個人で把握
足りない遺留分をチェックする
遺産分割協議
遺産分割協議
遺産分割協議を検討するポイント
遺産分割協議を行う際の順位
遺産分割協議は強制参加
遺産分割協議を円滑にすすめるために欠かせないもの
未成年者と遺産分割協議について
トラブルを軽減させたい遺産分割協議
遺産分割協議のポイント
不動産の相続
土地または不動産の相続
相続の手続きをしたい空き家や空き地
複雑な不動産や土地の相続
ページトップ