安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 相続の手続き代行

相続の手続き代行

たとえ相続の手続きに関する詳しい事が分からなくても、手続きを手っ取り早く終える事ができます。

それは司法書士や弁護士などの法律家に相談する事で、彼らがあなたの代わりに相続の手続きを行ってくれます。

最初に司法書士や弁護士と打ち合わせを綿密に行っておくだけで、書類を記載して提出するなどの必要な手続きを行ってくれます。相続について知らない人ばかりではなく、相続を行っている時間がない、手間が面倒などという人にも利用されています。

相続手続きは自分でもできますが、自分で調べながら行っていると、思いの他時間がかかってしまう事もある様ですね。困っている時にこそ、プロの法律家がいてくれると助かりますね。

期限のある遺産相続手続き

遺産相続は、顧問弁護士のいる余程のお金持ちか予め準備していた人以外は何をどうすれば良いか困ってしまう事が多く、様々な相続手続きを期限内に終えられず遺産を受け取れなかったり、余分に税金を払うなどの損をしてしまう事があります。

故人が亡くなってから3カ月以内に行うべき事が、相続放棄と限定承認を家庭裁判所への申請です。そして4カ月以内に行うのが、故人が亡くなった年の1月1日から死亡日までの所得申告である準確定申告です。

10カ月以内に行うのが、相続税の申告と納税です。その他にも遺留分減殺請求や不動産の相続など数多くの手続きがあるので、損をしない為にも弁護士や会計士などに遺産相続の相談をするべきです。

相続手続きと贈与税について

贈与税の計算方法についてわからないことがある場合には、大阪の堺の専門家からアドバイスを受けることが良いでしょう。 現在のところ、相続手続きのメリットについて、ネット上で度々ピックアップされることがあるため、いざという時に備えて、早いうちから専門的な知識を身に着けることが重要なポイントとして位置付けられています。

一般的に、相続手続きを進めるためには、数週間から数カ月以上の時間が掛かりますが、早いうちから役立つ情報源を見つけることによって、初心者であっても冷静な対応を取ることができるといわれています。

相続人の人数と相続手続き

相続人の人数によって同じ金額を相続手続きする場合であったとしても一人が受け取る金額というのは違ってくる事もあります。兄弟などが多い場合には相続人が多くなるという事が予想されますので、相続手続きにおいて一人が受け取る金額は低くなるかと思われます。

また、相続人が一人しかいない場合の相続手続きでは、すべてを受け取る事ができます。また、相続手続きの際に連絡が取れない相続人がいた場合には、無視して相続手続きを行う事はできません。その様な場合においては、やはり法律通りに行う事が必要となってくるでしょう。自分たちの意見だけではなく、法律に従って相続を行う事によって無事に行う事ができるでしょう。

遺言書作成には専門家に遺産相続相談するのが良い

相続には、法定相続と遺言書相続があります。特定の人に財産を相続させたい場合は、遺言書作成をしないと法的効果はありません。遺言書には、公正証書遺言、自筆証書遺言、秘密証書遺言の三つがあります。

中でも一番、信頼性の高いのは、公正証書遺言で公証人役場で行う相続手続きです。公正証書遺言は、家庭裁判所の検認の必要がなく、相続の執行ができますが、証人が二人必要となります。通常は遺産相続相談もできるので、弁護士、司法書士、行政書士がなることが多いです。公証人役場の公証人からも遺産相続相談を受けられるので、遺言は公正証書遺言がお勧めです。

相続手続きにおけるトラブル回避方法

身内に不幸が起こった場合相続手続きというものをしなくてはなりません。これはほとんどを自分で行わなければならないので、大変な作業になります。また、それだけでなくトラブルのもとにもなりうります。

それは、遺産の分配額に不公平を感じる人がいた場合などです。介護での貢献度が加味されていなかった場合などが考えられます。そういった場合は、弁護士に相談することが一番です。遺産問題などに強い、専門にしているような弁護士というのは大阪、東京など全国各地にいます。そうした専門家に介入してもらうことが一番円満に解決することができるのではないでしょうか。

詳しい相続手続きについて

相続とは被相続人によって、その人が持っていたプラス、マイナス全部の財産が遺族に受け継がれる事を言います。 建物、土地、株券、銀行預金等のプラスの財産や、車のローンや住宅ローン、借金などのマイナスの財産も含まれています。

相続人は、被相続人の財産を全部受け継いでいくのが原則となります。プラスの財産だけではなく、マイナスの財産も受け継いでいかなければなりません。 相続鉄好きの結果、マイナスとなった場合には、相続人は遺産を放棄するか相続するかの選択を行う事ができます。感情的にもなりやすいので、大阪などにある第三者の専門の人に依頼し相続手続きを、行なっていく事をおすすめします。

相続手続きでもめてしまった場合とは

相続手続きについて、分かりにくい部分もあるかも知れません。遺産分割による必要な手続きについて話しをします。遺産相続には遺言書を開いてから10ヵ月という定められた期限が有あり、定められた期間に沿って行わなければいけません。

相続では、一体誰が相続人なのかを調査する必要があり、相続人にあげられている全員の戸籍を取得し、遺産の分割協議を開始した際に必要となる相続人の印鑑証明書の取得や、被相続人の、誕生してから亡くなるまでの戸籍など、とてもたくさんの種類の書類が必要となってきます。わかりにくくなってきますので、中立な立場の第三者に依頼する事が大切です。大阪や東京には専門の期間が数多くあります。

相続手続きに関する記事

ページトップ