安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺産分割協議を行う際の順位

遺産分割協議を行う際の順位

遺産分割協議を行う際には遺産を受けとる順位があります。まず、遺産を受けとれる相続人全員を集めます。その上で誰がどれくらい受け取れるのかを決めていきます。まず、亡くなられた方に配偶者子どもが一人いた場合は財産を4分の1にすることで解決します。

ですが、配偶者も子どもも孫もいなかった場合二番目は亡くなられた方の両親、もしくは祖父母になります。もし、二番目の候補もいない場合、三番目の実兄弟になります。ここでいない場合は甥や姪に相続権が移動します。それでもいない場合は国のものになります。大事な遺産のために遺産分割協議は大事です。

遺産分割協議に必要な除籍謄本について

遺産分割協議をする際には、戸籍謄本や除籍謄本が必要になってきます。それは法定相続人、つまり遺産を相続される人物が誰なのかを、法的な立場から明らかにするためです。そのためには被相続人、つまり遺産を遺した故人のかたの出生から死亡した時点までの家族や血縁関係者を調べるために、戸籍謄本や除籍謄本が必要になってくるのです。

法務局や銀行においても相続権のない人物に遺産を分与するわけにはいかないため、それらの書類を用意して初めて、正式な遺産分割協議がおこなわれることになります。また法定相続人についても、身分を証明するための戸籍謄本が必要になってきます。

遺産分割協議と遺産相続上の財産について

遺産分割協議を始める時期についてわからないことがある場合には、様々な立場の経験者から助言を受けることが欠かせません。 とりわけ、遺産相続上の土地や建物の手続きの取り方に関しては、素人が判断しにくいところがあるため、まずはプロの法律事務所のサポートを受けることが大事です。

また、遺産分割協議のメリットを正しく理解したい時には、経験豊かな弁護士や司法書士などに相談を持ち掛けることがコツとして挙げられます。 その他、遺産分割協議のために必要となるコストの相場をチェックすることが重要な課題としてみなされています。

遺産分割協議と保険の受け取り

高額な保険金を受け取るためには、遺産分割協議の際にじっくりと話し合いを進めることが欠かせないテーマとして挙げられます。 特に、数千万円以上の金額の受け取りにあたり、トラブルが発生するケースが多くあるため、前もって信頼度の高い法律事務所にサポートを依頼することによって、数々の問題をすぐに解決することができます。

そして、遺産分割協議のポイントについて知りたいことがあれば、各事務所の無料相談の対応の良しあしをチェックすることによって、隙間時間を使いながら、まずは役立つ知識を身に着けることが良いでしょう。

遺産分割協議が必要になってくるケース

遺産分割協議が必要になってくるケースについては、実に様々な情報誌などで特集が組まれることがありますが、空き時間を利用しながら、常に便利な情報を集めることが欠かせません。また、遺産分割協議を始める時期についてわからないことがある場合には、ベテランの弁護士が在籍している法律事務所に相談を持ち掛けることによって、たとえ素人であっても安心して行動をすることが可能となります。

もしも、遺産分割協議のテクニックを習得したい時には、多種多様なサービスが行われている法律事務所のパンフレットやカタログなどに目を通しておくことによって、短期間のうちに役立つ知識を身に着けることが欠かせないテーマとして挙げられます。もしも、ニーズの高い法律事務所の実績の良しあしに関して判断が難しいことがあれば、同じような立場の消費者のレビューを参考にすることがポイントとして挙げられます。

その他、実績のある法律事務所のメリットやデメリットに関して比較をすることによって、将来的に様々な経済上のトラブルのリスクを抑えることが可能となります。そして、色々なサービスの使い勝手の良さをマスターすることが成功のポイントとして扱われています。

遺留分と遺産分割協議で守られる権利

資産を持つ方が亡くなるなどで遺産相続の手続きが発生した場合、遺産相続人は複数存在していることが多く、どのように遺産が分配されるのか話し合う遺産分割協議が行われます。相続の対象となる方全員が参加するという条件になり、未成年者や障害者など、話し合いに参加できない方の権利も守られています。

また、亡くなった方の配偶者や子ども、両親については遺留分としての権利も存在しており、権利が侵害されそうになった時には家庭裁判所へ申し立てることもできます。しかし、兄弟や姉妹は対象に含まれておらず、異なる手続きが必要となります。

遺産分割協議に関する記事

ページトップ