安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談、遺産分割協議、遺留分相談、遺言書作成等。
HOME 遺産相続においての遺留分

遺産相続においての遺留分

遺産相続においての遺留分については、法律で定められていることがあげられ、遺言書の作成時には考慮しなければいけない部分になります。万が一、守られていない場合においては作成した遺言書が無効になってしまう可能性が高いですので、注意が必要であることが言えるでしょう。

また、法定相続人に関してはこの遺留分が守られていな遺言に関しては、申し立てをおこなうことができますので、該当する場合には手続きをとるべきでしょう。遺産相続については法律も絡んできますので、法律家のサポートを受けることが一番であると言えるでしょう。

遺留分を考慮し、遺言書を作成する

遺言書を作成する場合において遺留分を考慮しながら、遺言書を作成する事は多くの人に知られていることでしょう。しかしながら、実際に遺言書の作成にあたってみると、遺留分を計算する事は難しいことがあげられるでしょう。

理由としてはさまざまなことがあげられますが、遺贈の財産や生前贈与などにおいて特別受益額を把握しなければいけない点や、ライフステージの変化に合わせるなどのことが上がってきます。なにかと法律的なことが絡んできますので、間違いのないように遺言書を作成するにあたって、法律家を依頼する事は必要になるでしょう。

遺留分の請求をおこなう

遺留分の請求に関しては、法定相続人に保証されている遺産が手元に入らなかった場合に請求をおこなうことができます。このことについては、法律である民法で定められていて、れっきとした権利になります。

万が一、故人の残した遺言書がこの遺留分を考慮していないもので合った場合には、申し立てを行う事ができます。遺言書については、故人だけて作成にあたった場合には、そのような可能性もありますので、しっかりと確認しておくことが大切です。遺言書の紛争については弁護士の業務になりますので、弁護士に相談のうえ申し立てを行う方法が確実でしょう。

遺産相続に関わる遺留分について

遺産相続に関わる内容については、一つ一つ重要な部分であることがあげられます。遺留分については法律で定められている保証の制度になりますので、該当する法定相続人については、しっかりと認識し保証されている遺産を受け取るべきでしょう。

遺言書についても、遺留分を考慮することがルールとしてありますので、そのようになっていない場合には、申し立てをおこなうことで、遺産を取り戻すことが可能になります。万が一、不要な場合には放棄も認められていますので、そのあたりは自由におこなうことができます。遺産についての詳細は細かいですので、弁護士などの法律家に依頼した方がいいでしょう。

遺産相続に関連する遺留分

資産を持っている方が亡くなったとき、遺族の間で処理する必要がある遺産相続については、もしかするとトラブルに発展してしまう事柄として認識されています。速やかな対処が重要とされる中、一人ひとりの権利が守られる遺留分が適用されるケースもあります。

亡くなった本人の配偶者や子ども、両親に対して、最低限度の遺産が受け取れるよう整えられている制度であり、兄弟や姉妹が受け取りを希望する場合においては、別途設けられた手続きを行うことが必要とされています。正しい情報や知識、アドバイスを取り入れるために、弁護士への相談を利用する方も見られます。

遺留分の詳細について

遺留分の詳細については、遺言書を作成する際に注意しなければいけない項目になります。法定相続人においては、故人の財産がなくなることによって、生活が大き変わってしまうことを防止しするために、このような制度ができるようになりました。

万が一、遺言書であってもこの遺留分を侵害するようなことがあれば、申し立てをおこなうことができ、遺言書の内容は覆されるようになっています。このような細かな内容がありますので、遺言書の作成の場合においては、プロである弁護士や司法書士などの法律家のサポートを得た方がいいでしょう。

金額が足りないなら遺留分を計算

もらっている遺産の金額が足りないと思っているなら、まず遺留分を計算してください。この金額は保証されているので、金額が不足している場合には必ず相談してください。遺留分の金額が足りている場合に、それ以外の部分で出してくれない場合には、遺産を分割している人と相談するしかありません。

同意しないと金額を支払うことが出来ないので、全員が同意してしっかりと決められるようにしておきます。足りない場合にはいろいろな計算を行って、とりあえず問題がないことを把握します。なにかおかしいと感じるなら、調べておけばわかってきます。

大阪で遺留分の相談ならここ。

遺留分に関する記事

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する記事情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議、遺留分に関する記事以外のお問い合わせはこちらから

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は弁護士、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、法律事務所があります。

コンテンツメニュー
相談をして相続の揉め事を回避
相続手続き代行
相続手続きが得意な弁護士
相続手続き
相続手続きを司法書士に
相続手続きの対象となる相続人とは
着目したい相続手続きのポイントとは
相続手続きの不満も弁護士はわかっている
相続手続きをミスったら弁護士へ
行方不明の家族と相続
相続税お尋ね
相続税税務調査
未成年への遺産相続からトラブル
預貯金解約を含む遺産相続手続きは弁護士や司法書士へ
遺産相続は弁護士へ依頼
遺産相続の際の相続人は誰
遺産相続で相続問題となるもの
相続相談の相場はどれくらいか
遺言書作成
パソコンで入力しない遺言書作成
遺言書作成の際に相続税も把握
遺言書作成
相続手続きなら遺言書作成
有効な遺言書作成方法とは
遺言書作成には紛失のリスクがある
遺言書作成の意義について
相続税お尋ね
回答しないといけない相続税お尋ね
注意したい相続税のお尋ね
遺留分
遺留分
なぜ遺留分請求制度があるの?
注意したい遺留分の内容項目
遺留分減殺請求には期限がある
遺留分は相続人の生活を守る
気になる遺留分は個人で把握
足りない遺留分をチェックする
遺産分割協議
遺産分割協議
遺産分割協議を検討するポイント
遺産分割協議を行う際の順位
遺産分割協議は強制参加
遺産分割協議を円滑にすすめるために欠かせないもの
未成年者と遺産分割協議について
トラブルを軽減させたい遺産分割協議
遺産分割協議のポイント
不動産の相続
土地または不動産の相続
相続の手続きをしたい空き家や空き地
複雑な不動産や土地の相続
ページトップ