安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 相続税お尋ね

注意したい相続税についてのお尋ね

高額な相続を行ってしばらくすると、相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類が自宅に届けられる事もあります。相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類が届いている場合には処分しない様にしたいですね。

相続税についてのお尋ねと呼ばれる書類は目を通すだけではなく、自分で必要事項を書いて提出しない事が多いでしょう。もし、何もしなければ税務調査の対象になってしまう可能性が出てくる事でしょう。

相続を行ってしばらくの間は、相続税についてのお尋ねの書類が届いていないか郵送物を念入りにチェックする様にしたいですね。相続税についてのお尋ねの書類が到着すれば、できるだけ早く提出する様にしたいですね。

相続税お尋ねで多い課税対象になる相続財産について

相続税お尋ねでよくあるのが、相続税の課税対象になる相続財産にはどんなものがあるのかということです。簡単にいうと、土地や建物、預貯金、有価証券、現金、電話加入権などの相続したあらゆる財産に課税されます。

また、被相続人が死亡した際に支払われる生命保険金なども相続した財産とみなされて課税対象になることがあります。それから、相続開始前の3年以内に行った贈与財産も相続税の課税対象になります。ちなみに贈与財産を受けていても、すでに贈与税の支払を行っているのであれば、その分は相続税の額から差し引かれます。二重に税金を支払う必要はありません。

相続税お尋ねと記載について

税務署から相続税お尋ねが送られてくる場合があります。 その場合は、相続税の申告について税務署が何らかの疑問や不備があると疑っているから送っているので、疑いを晴らすために提出すべきです。 相続税お尋ねを提出する場合、間違った記載で提出してしまうと、税務署が後で税務調査を行って間違いの個所について追及してきて、もし間違いがうっかり間違いであっても、調査官の心証がわるくなります。

ですから相続税お尋ねを提出するときに、書き方が解らなかった場合には、税務署に対して電話で相談したり、税務を経理士や税理士に依頼している場合は相談して、正しい記載で提出する事が求められます。

回答内容も重要な相続税お尋ね

ただ書いて送ればいいというのが相続税お尋ねではありません。相続税お尋ねでは回答する内容も大事になって来るかと思われます。というのも相続税お尋ねにおいて回答した内容があまりにも、矛盾点が多い場合などは、それから税務調査に発展する事もあるみたいです。

ですので、相続税お尋ねにおける質問に答えるための知識がなく、分からない事が多いにも関わらず、いい加減に回答して提出するという事は避ける様にしたいですね。手間がかかるかもしれませんが、相続税お尋ねは一つずつ丁寧に回答する様にしたいですね。金額を記載する欄などもあるかと思いますが、最終的には記入ミスなどがない様にしたいですね。

相続税お尋ねに関する記事

ページトップ