安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 相続税による税務調査の対応を依頼したい弁護士

相続税による税務調査の対応を依頼したい弁護士

相続税においては、税務調査の対象になってしまう可能性も否定できませんので、何もしないのではなく、弁護士に相談して、相続税による税務調査が発生した際にも、専門的な視点からきちんと対応してもらう事ができればいいですね。

相続税というのは預金だけではありません。むしろ、相続税は預金の他に有価証券や不動産など見逃しがちな所で発生している可能性が多く、税務調査では預金以外も調査される事が多い様です。

弁護士はそれを考慮に入れ対応してくれます。税務調査は非常に豊富な知識がある人が行いますので、弁護士なしでは話が思う様にできない事もあるかもしれませんね。相続税による税務調査を恐れないで弁護士に話を持ち掛けたいですね。早速対応可能な弁護士を探し始めてはどうでしょう。

生前贈与をした場合の相続税税務調査

皆さんは生前贈与という言葉を聞いた事がありますか?生前に配偶者や子供、孫に現金や預貯金を渡すことを言います。しかしこの生前贈与、相続税税務調査においては真っ先に目をつけられる項目の一つなのです。

相続税を申告する際には、相続開始前の3年を遡って行われた贈与についても申告をしなければなりません。また、年間110万を超える贈与であった場合、高い税率の贈与税を支払う義務があります。相続税税務調査については我々素人ではなかなか難しい点も多く出てきますので、税理士に依頼をして、一緒に立ち会ってもらうのがベターでしょう。

相続手続きに関する記事

ページトップ