安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME なぜ遺留分請求制度があるの?

なぜ遺留分請求制度があるの?

なぜ遺留分という制度があるのでしょうか?もしあなたの旦那さんが残した遺書に「自分の財産はすべて愛人のAさんに譲る」となっていたらどうしますか?今まで面倒見てきたのも、病気の間看病したのも自分なのに、自分には一銭も入らないのです。納得がいかないですよね?

またもしお子さんがいた場合にはこういった遺書が残されてしまうと今後の生活に関わってきます。そういった理不尽なことを避けるためにもこういった制度が導入されています。基本的に相続において一番最優先されるのは遺言書なのですがこの場合だけは遺留分が優位にたつことになります。

遺産相続における遺留分とは

遺留分というのは、法律上一定の条件にあてはまる相続人に保障されている財産のことです。遺言書の内容と関係なく相続出来る財産です。これが保障されているのは配偶者、子ども、父母にあたります。遺言書は尊重されるべきものですが、残された家族には保障されている財産があるということです。

遺言書で家族以外の人に「全財産を渡す」と書いてあっても、一定の割合は受け取れるということになります。しかし請求をする必要があり、請求期限もあるため注意が必要です。相続開始および権利が侵害されたことを知った日から1年、知らない場合でも10年経つと請求出来なくなります。また、相続順位により兄弟はあてはまりません。

実施している遺留分の内容を知る

ある程度決められている部分でもありますので、遺留分について調べておくのはとても大事になっています。最初のうちに調べておけば、問題なく終わらせることができますし、更には分割のトラブルも起こりづらくなっています。

分割時のトラブルは、割と起こりやすい状況になっている傾向にありますので、遺留分を分割することを考えるなら、しっかりと情報を調べてください。この金額は、ネット上にある程度書かれている割合によって判断できます。ネットの情報が間違っていると思わなければ、ある程度問題なく分割ができて、多くの人に配布できるのです。

遺留分の支払いは速やかに

仮に遺留分を扱うこととなった場合、速やかに分割して支払っていくことが大事になります。ある程度早く分割していないと、多くの人からまだかかるのかと言われてしまい、時間が足りなくなってしまいます。長い時間を使っていると、余計に問題となる場合がありますので、すぐに終わらせることを前提としてください。

すぐに終わるなら、支払いが楽になって、遺産に関連する問題は起こりづらくなります。個人で対応するのが難しいと考えているなら、弁護士を経由して相談を行って、無理のない分割を行ってください。時間がかかると結構大変です。

遺留分に関して注意しておきたい点

遺産の相続問題については、様々な制度が存在していることによって、相続対象となるべき方に対する権利が守られています。特に遺留分に関しては、遺言書に記載されている内容が極端な物であった場合など、相続対象となるべき方の権利が侵害されそうになった場合に適用されます。

資産を所有していた方の配偶者や子ども、両親に対して最低限度の遺産が引き渡されるよう、法律で保障されています。姉妹や兄弟は含まれませんので、権利を主張して遺産を受け取るには、別の制度を利用した手続きが必要になります。相続人同士の話し合いで解決が難しい場合には、法律専門家に依頼するとよいでしょう。

財産相続で大切な遺留分を知ろう

財産分与において大切なのが遺留分です。これは、一定の条件を満たす相続人に対して法律上確保されている最低限度の相続財産のことで遺言書の内容に関わらず保証されているものです。ただ、自動的に認められるのではなく、実際に請求することが必要ですし、請求期限もあるので注意は必要です。

ただ、遺言書の内容によっては親族以外の第三者に譲るということになった場合、相続財産をあてにしていた遺族からするととても大きな問題になります。こういった遺留分のトラブルについては専門の弁護士への相談がオススメです。侵害された相続分を取り戻したいなど専門家への相談はやはり解決の道なのかなと思います。

遺留分に関する記事

コンテンツメニュー
相談をして相続の揉め事を回避
相続手続き代行
相続手続きが得意な弁護士
相続手続き
相続手続きを司法書士に
相続手続きの対象となる相続人とは
着目したい相続手続きのポイントとは
行方不明の家族と相続
相続税お尋ね
相続税税務調査
未成年への遺産相続からトラブル
預貯金解約を含む遺産相続手続きは弁護士や司法書士へ
遺産相続は弁護士へ依頼
遺産相続の際の相続人は誰
遺産相続で相続問題となるもの
相続相談の相場はどれくらいか
遺言書作成
パソコンで入力しない遺言書作成
遺言書作成の際に相続税も把握
遺言書作成
相続手続きなら遺言書作成
有効な遺言書作成方法とは
遺言書作成には紛失のリスクがある
遺言書作成の意義について
相続税お尋ね
回答しないといけない相続税お尋ね
注意したい相続税のお尋ね
遺留分
遺留分
なぜ遺留分請求制度があるの?
注意したい遺留分の内容項目
遺留分減殺請求には期限がある
遺留分は相続人の生活を守る
遺産分割協議
遺産分割協議
遺産分割協議を検討するポイント
遺産分割協議を行う際の順位
遺産分割協議は強制参加
遺産分割協議を円滑にすすめるために欠かせないもの
未成年者と遺産分割協議について
不動産の相続
土地または不動産の相続
相続の手続きをしたい空き家や空き地
複雑な不動産や土地の相続
ページトップ