安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺留分は相続人の生活を守る

遺留分は相続人の生活を守る

相続人自身が相続するはずだった遺産を、受け取ることができなかった場合、最低限の生活を守れるように遺留分の請求ができます。これについては、被相続人が遺言書に相続人以外の名前を、遺産相続人として記載した場合に請求ができ、裁判所の法定で争うことが予想されます。

そのため、依頼人の代理人として弁護士を任命しなければならなく、法廷へ一緒に行くことができる唯一の専門家です。しかし、裁判を起こしたとしても、遺産全てが戻ってくるわけではなく、遺留分だけが守られているだけなので、その点を注意して弁護士へと依頼しましょう。

意識しておきたい遺留分の制度

遺産の相続手続きが発生した場合、相続に関して様々な決まりが存在しており、相続対象となる人に対して公平に分配されるような制度が整えられています。中でも、遺言書に極端な内容が記されていた場合などについては、それぞれの権利が確保される遺留分が適用されます。

被相続人の兄弟や姉妹以外の相続人に対して、相続財産の一定の割合が取得できるというものであり、財産が分配されないことによって以降の生活に支障が出ないように配慮されています。兄弟や姉妹の方においては別途、制度が設けられており、それぞれに適した手続きが必要です。

遺留分減殺請求の方法

遺留分を受け取る方法として、遺留分減殺請求があります。この請求をするには、どれぐらい受け取れるのかを確定しておくことが必要です。そのため、遺言書の内容を確認して、誰に相続したのか、どの財産が相続分となるのかを調査します。相続人の調査は、戸籍謄本を取得して調べます。

遺産が確定した後に、減殺請求の通知を行い、分権者との話し合いを行います。通知は、口頭でも行えるのですが、消滅時効にも関係してくるので書面で尚且つ、配達証明付きの内容証明郵便で送付しましょう。裁判となる場合もあるので、専門家に相談するのがおすすめです。

遺留分を知っておこう

遺留分という言葉を聞いたことがありますか?あまり耳なじみのない単語ですので、聞いたことがある人も、中身を知っている人もあまりいないのではないでしょうか?しかしもし自分が遺産を受ける側になった時にこちらの制度は絶対に知っておいた方がいい単語ですので、頭の片隅にでも入れておいてください。

こちらは例えば遺書に親族に対する分配について何も記載されていなかった時に故人の両親、子供、配偶者であれば遺産を譲り受けた人に対してある一定の遺産を請求できるという制度です。自分に権利があると知っている場合は故人がなくなってから1年まで、知らなかった場合には10年まで請求することができます。

遺留分は個人の都合で変わらない

個人的な都合によって、なんでも変えられるようにしているシステムもありますが、遺留分は個人の都合で変わるようなものではありません。つまり固定されている内容に沿って動かされるもので、勝手に変えられる部分ではありません。

これが変更できるようになっていれば、多くの相続に影響が出てしまいます。これまでにも変更されているところはありませんから、勝手に内容を改ざんして、遺留分を多くもらう方法はできないと思ってください。もしそのような方法を取ろうとしている人がいるなら、そうしたことができないことをしっかり告げておかなければなりません。

遺産相続で知っておきたい遺留分

親の生前に、具体的に遺産相続について話ができることなど少なく、親を亡くしてから初めて知る遺産があることも少なくありません。いつか話をしようと考えているうちに、機を逸してしまった訳です。相続で知っておきたいのが、遺留分の存在です。

これは、配偶者、家を継ぐ子供、直系卑属に対して、一定の条件を満たせば認められるものです。遺産をあてにしていた遺族にとって、遺言書に遺族以外の人間に遺産を相続するとあった時の衝撃ははかりしれません。実際に、相続できなければ生活できない場合もあるそうです。遺言書についても、生前に話しておきたい話題です。

遺留分に関する記事

コンテンツメニュー
相談をして相続の揉め事を回避
相続手続き代行
相続手続きが得意な弁護士
相続手続き
相続手続きを司法書士に
相続手続きの対象となる相続人とは
着目したい相続手続きのポイントとは
行方不明の家族と相続
相続税お尋ね
相続税税務調査
未成年への遺産相続からトラブル
預貯金解約を含む遺産相続手続きは弁護士や司法書士へ
遺産相続は弁護士へ依頼
遺産相続の際の相続人は誰
遺産相続で相続問題となるもの
相続相談の相場はどれくらいか
遺言書作成
パソコンで入力しない遺言書作成
遺言書作成の際に相続税も把握
遺言書作成
相続手続きなら遺言書作成
有効な遺言書作成方法とは
遺言書作成には紛失のリスクがある
遺言書作成の意義について
相続税お尋ね
回答しないといけない相続税お尋ね
注意したい相続税のお尋ね
遺留分
遺留分
なぜ遺留分請求制度があるの?
注意したい遺留分の内容項目
遺留分減殺請求には期限がある
遺留分は相続人の生活を守る
遺産分割協議
遺産分割協議
遺産分割協議を検討するポイント
遺産分割協議を行う際の順位
遺産分割協議は強制参加
遺産分割協議を円滑にすすめるために欠かせないもの
未成年者と遺産分割協議について
不動産の相続
土地または不動産の相続
相続の手続きをしたい空き家や空き地
複雑な不動産や土地の相続
ページトップ