安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺言書作成

人に頼らずに遺言書を作成

人に頼らずに自分だけで遺言書作成をするという事は可能です。家族が見るだけだからという事で、自己流で遺言書を作成した場合には、法的には無効の物になってしまっている可能性もありますので、きちんと法的に有効な遺言書を作成する様にしたいですね。

無効であれば、それ自体がトラブルの原因になってしまう事だって考えられます。そのためには、遺言書を作成に関する本を買ってきて、学習したりする事も必要かもしれませんね。

遺言書を作成においてはルールに従わないといけない点もありますので、ポイントをおさえつつ行う事が大事だと思います。可能な範囲でなるべくみんなが平等になる様に配慮したいですね。

子供がいない場合の遺言書作成

いつ自分の身に何が起こるかわかりません。その時のために遺言書はきちんと作成しておきましょう。子供がいない家庭の場合、遺言書を軽視しがちですがそれは大きな間違いです。子供がいないからといって全財産が配偶者のもとに行き渡るとは限らないのです。

基本的に相続する権利を有するのは配偶者と子、両親となりますが、両親が既になくなっている場合は兄弟に相続する権利が移譲されるのです。兄弟との仲がいい場合は問題ないかもしれませんが、まったく親戚づきあいをしていない場合、ほとんど他人ともいえる関係の人に財産を渡さなればならなくなるのです。そうならないためにもきちんと遺言書作成をしましょう。

遺言書作成の手順について

遺言書には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの遺言書があります。自筆遺言書を作成するにはまず、全文を自筆で書きます。そして、日付を書き、署名をします。最後に印をして完了です。注意しなければならないのは自筆だというところです。

ワープロなどの場合は受理されないので気をつけてください。公正証書遺言を作成する場合は、証人を二人依頼して作成してもらいます。基本的には弁護士や行政書士に頼むのが普通です。

こちらも最後に印を押す必要性があります。秘密証書遺言の場合は、作成した遺言書を公証人役場に提出します。そうすることで、遺言書の控えが役場に保管されることとなります。このように、遺言書作成の手順は複雑なものなので間違いがないように気をつける必要があります。

内縁の妻がいる場合には遺言書作成を

遺言書作成は、死後の様々なトラブルを避ける方法として、もっとも効果が高いものです。とくに内縁の妻がいる場合には、死後相続のトラブルが起こる可能性がより高まるので、作成は必須といえます。

実際に、きちんとした遺言書を残しておかなかったばっかりに、長期にわたる裁判となってしまうケースも少なくありません。そうすれば、遺族に精神的経済的両面の負担を強いるだけではなく、故人のイメージも大きく損なわれることになります。取り返しがつかないことだけに、専門家の指導のもと、遺言書作成はしっかりと行っておくべきなのです。

遺言書作成をして相続を確実にする方法

自分が遺言書作成をして確実に相続人に相続をさせるためには、公正証書遺言という形が一番です。 この公正証書遺言というのは、自分で遺言書作成をするのではなく、遺言者が2名の公証人の前で遺言の内容を説明し、その内容をまとめて公証人が作成した遺言書になります。 公証人を挟むため、この遺言の真偽が問題になることはありません。

そのため、検認作業は必要なくなります。 また、専門の人が書くため書き方の不備などで遺言書が無効になることもありません。 遺言書の内容を改ざんされたり、遺言書の紛失の可能性もなくなるため、確実に遺言書を作成することができます。

遺言書作成の文例の内容について

遺言書作成の際には、文例の内容にこだわることによって、それぞれの意向をしっかりと書き記すことができます。 現在のところ、きめ細やかなサービスが行われている法律事務所の取り組みについて、多くの消費者からの期待が寄せられており、短期間のうちに魅力ある依頼先を見つけることが良いでしょう。

また、遺言書作成の大切さについてわからないことがある場合には、経験豊かなスタッフからアドバイスを受けることが大事です。 その他、遺言書作成のタイミングを見計らう上で、プロのスタッフに相談を持ち掛けることがコツとして挙げられます。

遺言書作成のメリットとはなにか

遺言書作成のメリットと言えば、良く言われるのが相続トラブルを予防するために有効であるということです。確かに相続トラブルの予防にはなるかもしれません。しかしながら、現在では遺言書があってもトラブルを完全に防ぐことは難しくなっています。

結局のところ、その内容に対して相続人間にとって不満がある場合はトラブルは必ず発生します。もちろん遺言書に対して無効確認の訴えも起こすことはできますが、感情的な反発は後々にまで尾を引く形となるでしょう。そうならないようにトラブルを未然に防ぐ内容の遺言書作成が重要であり、しかもトラブルが起きても大丈夫な遺言書を作ることで初めてそれがメリットとなるのです。

遺言書作成を作成すると決めた際には

自分が亡くなった際を考え、残された家族や親族のために遺言書作成をすると決めた際には、いくつかポイントが出てきますので、ここではその説明を行いたいと思います。遺言書には種類があり、大きく分けて自筆証書遺言と公正証書遺言の遺言方法があります。

自筆証書遺言は自分で作成する事ができますので、手軽に遺言書を作成する事が可能です。しかしながら、書き方を間違えてしまうと認められない場合もありますので、注意が必要になります。公正証書遺言は、遺言者が公証人に遺言内容を伝え、公証人となる人が公正証書として遺言を作成する事になります。不安な場合は東京や大阪に数多くある専門の機関に、相談してもてもいいかも知れません。

問題のない遺言書作成とは

資産を所有している方が亡くなった際、残された家族間での遺産相続分については法律で定められている通りに適用されます。法定相続分としての取り扱いとされるものの、遺産分割協議によって異なる定めでの分配が行われる場合もあり、遺言書を残していない場合、家族などの法定相続人の間で大きなトラブルも発生する可能性が浮上します。

公平で円滑な相続手続きが行われるためには、遺言書作成が欠かせません。大阪を中心に、作成業務についてのアドバイスや代行などが行われている専門機関も多く、事前の相談を無料で受け付けてもらえる場合もあります。

遺言書作成する時の詳細について

遺言書作成には自筆証書遺言、公正証書遺言などの種類があります。自筆証書遺言は、遺言者が、全文、日付や、氏名などを自筆で記載し、捺印したものが遺言です。作成の際に注意したいのが、日付や氏名の記載や捺印がないもの、パソコンやワープロでの記載は、無効となります。

公正証書遺言とは、公正証書により遺言を作成する物で、証人2人以上に立会っていただき、遺言者が公証人に遺言の内容を詳しく説明し、それに基いて公証人が文章にまとめ、遺言書を作成します。大阪などの都道府県の窓口では無料相談を実施しており、気軽に相談する事ができます。

身内のいない人の遺言書作成

遺言書は家族や親族に宛てて残すものという固定概念はありませんか?遺言書は本人の意思を表明するものなので、例えば大阪の知り合いに遺産を渡したいといったように、血縁関係のない人へと残すことも可能です。

もちろん、人だけでなく慈善団体のような団体へ寄付のような形で残すこと可能です。遺言書作成自体は遺言書に関する書籍なども書店には多くあるので、自分一人で作成可能となっています。法的にもなんら問題なく効力を発揮します。しかし、弁護士を介した方が偽造の可能性がないなどの理由からより効力の強い遺言書として残すことが可能です。

遺言書作成に関する記事

ページトップ