安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 相談をして相続の揉め事を回避

相談をして相続の揉め事を回避

稀に相続は家族内でとてつもない揉め事にまで発展してしまう事もありますので、このままではまずいと感じたら相談をしたいですね。遺言書の有無や金額に関係なく揉め事が発生する可能性があります。

相続にとって家族関係が悪くなってしまう前に相談したいですね。相続について相談をするのであれば、少しでも早い方がいいかと思います。

相談をすると法律のプロが仲介しますので、自分達の希望や意見に偏る事はないでしょう。相続の相談は司法書士事務所や法律事務所の弁護士などが行っていますので、気軽に話を持ち掛ける事ができます。相続について円満に解決する事を故人はきっと望んでいる事でしょう。

感情を持ち込まず、冷静に対応したいですね。

相続の問題を解決するには

大切な人を失った上に、残された財産をめぐって、それまで仲が良かった家族が骨肉の争いを繰り広げるなんて、現実だったらとても悲しいですよね。ところが実際には、遺産相続に関しての揉め事は財産の多寡に関わらず非常によく発生するのです。

身内なのですから話し合いで解決できればそれにこしたことはありませんが、残念ながら相続の場合は、いったんこじれるとなかなか自力での解決は難しいのが実情です。相続については、納税の期限もあって、半年以内に決着させないといけないという時間的な制約もあります。ですから、親族の中でうまく纏まらない場合は、速やかに弁護士など専門家の力を借りるほうがスムーズに行きます。

相続相談を行政書士にするのはどう?

相続はいろいろ面倒な問題があるので専門家に相談するという方が多くいると思われます。そこで、相続相談を行政書士にすることは問題ないのかについて見ていきます。結論から言うと相談するだけなら構いませんが、何か依頼するのであれば違う専門家を利用した方がいいです。

行政書士が行えるのは遺言書作成のみとなっています。不動産の名義変更や相続放棄、遺産分割調停、後見人の申立などを依頼する際の相続相談は司法書士や弁護士にするのが望ましいです。したがって、何のために相続相談をするかによって、良いのか悪いのかが変わってきます。

相続相談を信託銀行にするのはどう?

相続税の非課税枠が縮小され、課税対象になる家族が増えています。特に不動産価格の高い東京や大阪といった場所では潜在的に増加していると考えられます。相続相談といいますと、被相続人が無くなった後に相続人が行うものという印象があります。

しかし、相続人が困らないように相続相談することこそが必要なことと言えます。現在、信託銀行などは力を入れていますが、孫への教育資金一括贈与などを利用することで、家族間の手続を円滑に行うことや、場合によっては、後日問題となる相続に関する税金の拠出すら非課税に留める提案もすることができます。総合的な解決案を提示できる機関の一つといえます。

相続手続きに関する記事

ページトップ