安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 相続税お尋ね

回答しないといけない相続税お尋ね

もし相続税お尋ねの書類を記載したら、その事によって高額な納税が発生するのではないかと不安になる人もいるかもしれませんね。しかし、相続税についてのお尋ねに記載した内容と納税額というのは常に一致しているとは言えないかと思います。

というのも、相続税についてのお尋ねが届いたので返信したが、全く納税が発生しなかったという人もいるみたいです。ですので、過度に不安になる事なく、相続税についてのお尋ねを書いて提出する様にしたいですね。

相続税お尋ねが送られてきたという事は、すでにその時点までに何らかの形で税務署が多額の相続があるという事を把握していると思われます。

相続税お尋ね書が来る可能性はどれくらいある?

相続税お尋ね書は誰かが亡くなって相続が発生したことを税務署が知り、相続税が発生しているだろうと判断できるような家庭に対しては送付されて来ることがあります。 送られて来る可能性がどれくらいあるかについてはケースバイケースなのですが、例えば亡くなった方が住宅や土地といった相続される可能性が高い高額財産を有していたり、膨大な額の預金や有価証券があるということがこれまでの納税記録などから判断できる場合には高確率で送られて来ることになるでしょう。

この相続税お尋ね書が届いたにも関わらず放置を続けていると税務署による調査が行われることがありますから、もし書類が届いた場合にはすぐに対応するようにしてください。

トラブルが伴う相続税お尋ねは弁護士に

ただ相続税お尋ねが届いた場合には、税理士でも対応できますが、トラブルが伴う場合には弁護士にお尋ねする方がいいかもしれません。弁護士であっても、相続税に関する争いなどの問題を扱う事も多くあります。相続税お尋ねの書類で困ったら税理士または弁護士に相談するといいでしょう。

特に相続税などでトラブルがある場合に、税理士にお尋ねしても対処できないケースもあるかもしれません。相続専門の弁護士にお尋ねすると相続税について答えてくれる事もあるかと思われます。弁護士は最難関の司法試験に合格する必要がありますので、やはり弁護士は幅広く対応できる事が多い様です。

相続税お尋ねの書類が届いたらどうすればいいの?

市役所は住民の不動産の有無・個人の年収等を把握している為、親族がなくなられその遺族に相続税が発生する可能性があると判断した場合は「相続税お尋ね」の書類を送付します。  受取人は、遺産相続の意志がある場合は相続税を納税しなくてはなりませんので申告する義務があります。また、何等かの理由で相続を放棄する場合もその旨を報告しなければなりません。

 万が一、相続税おお尋ねの書類に返信せず放置した場合は税務調査により決定処分される場合があり、延滞税を請求される場合があります。相続税お尋ねが届いた場合は、すぐに弁護士に相談しましょう。

相続税お尋ねの記載と税務署とのやり取りを代行

税理士は会計業務だけではなく、個人の顧客からは相続税お尋ねの記載について依頼を受けたり、もしくは税務署とのやりとりを行ってほしいなどという依頼を受ける事もあります。税理士は普段の業務の中で相続税お尋ねを記載したり、税務署と話をする事は日常的に行っており、当たり前の様に行っている事もあるかと思います。

ですので、法律家の資格を持たない私たちには難しく思われる相続税お尋ねの記載なども簡単に済ませられる事も多いでしょう。相続税お尋ねについて詳しい事を自分で調べたり勉強したりする必要はなく、税理士が相続税お尋ねを記載すると、間違いなどがなく完成度の高い物に仕上げる事ができるかと思います。

相続税お尋ねに関する記事

ページトップ