安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 遺産分割協議は強制参加?

遺産分割協議は強制参加?

両親が亡くなってしまった時には、遺産をどのように分配するかということを決めるために、遺産分割協議に参加する必要が出てきます。しかし、遺産分割協議が行われる日程がどうしても仕事や育児の日程とかぶってしまう場合には、絶対に出席しなければいけないというわけでもありません。

プロの専門科に依頼することで、遺産分割協議に代理人として参加してもらうことも可能です。その場合は、どのような結果や分割を希望しているかということを事前に十分に話し合っておく必要が出てきます。強制だと考えて諦める必要は決してないのです。

遺産分割協議を辞退する方法とは

親族の方が亡くなり、遺産を相続する際には、法的にも公平に遺産を分配するためにも遺産分割協議が開かれます。しかし、もし遺産の相続を望まない場合には遺産分割協議そのものを辞退することも可能なのです。

その場合は、本当に自分の意思で参加しないことに決定したということを証明するために、プロの専門家の立会いの下で事態の旨を記した文章を作成してもらう必要があります。

大切な方が亡くなった直後には、遺産の相続について考える余裕がなくなっている場合も多いため、落ち着いて遺産分割協議に参加するか辞退するかということを決める必要があります。

遺産分割協議後に債務が見つかった場合

個人の財産は、死亡した時点では法定相続人で共有されている状態にあります。遺産分割協議が終了した時点で、共有状態は解消され、遺産が相続人それぞれに帰属します。

しかし、遺産分割協議が終了した後に、新たな債務が見つかることがあります。その場合には、再度遺産分割協議を行うことが望ましいです。最初の協議の時に、新たな財産が見つかった場合にはどうするかについて決めておくという手もあります。

例えば、「新たな財産が見つかった場合には配偶者が相続する」といった取り決めをしておけば、その通りに相続がされます。争いがある場合には専門家に相談をすることが確実です。

嫡出子の遺産相続と遺産分割協議の必要性

嫡出子とは婚姻関係の夫婦から生まれた子のことを言います。対して婚外子を非嫡出子と言います。かつては法定相続分は半分とされていましたが、最高裁で違憲判決が下され、その結果民法も改正され相続分は同等とされました。そのため今では遺産分割協議においてはすべての子供が同等の立場で参加することになります。

遺産分割をするか否かは相続人の自由ですが、それをしないまま長年放置すると土地などを処分するときに困ることになります。 地主が死亡し、その法定相続人3人居ると場合、遺産分割をしていないければ、相続人3人全員の実印押印が必要になります。

相続人のうち1人でも遠方に住んでいたり、音信不通だったりすると、売りたくても売れない事態になりかねません。 遺産分割協議を経て1人の単独所有に登記名義を変更しておけば1人の実印押印で処分することが出来ます。 将来の円滑な処分なども考えると、遺産分割協議はできるだけ早く済ませておくことが必要です。

遺産分割協議が無効になるケース

遺産分割協議が無効になるケースは、素人が判断しにくいところがあるため、顧客からの絶大な支持を受けている法律事務所に相談を持ち掛けることがとてもおすすめです。近年では、需要の高い法律事務所の具体的な仕事内容について、多方面のメディアで取り上げられることがありますが、いざという時のために、アフターサポートが徹底している依頼先を見つけることが課題として挙げられます。

一般的に、遺産分割協議をスムーズに進めるうえで、相続人間の協力が不可欠ですが、同時におおよその法律家の依頼費用の相場をチェックすることによって、将来的に経済的な不安を軽減することが可能となります。もしも、遺産分割協議のポイントをつかみたい時には、ある程度の時間がかかることがありますが、万全なサポートが行われている法律事務所の予約を取ることが成功につながります。

もしも、遺産分割の時期について迷っていることがあれば、同年代の人々の体験談を参考にしながら、ベストな対応が行われている法律事務所のパンフレットやカタログなどの内容をチェックすることが肝心です。その他、複数の法律事務所のスタッフの経歴の長さやサービスの良しあしを判断することが有効です。

遺留分における遺産分割協議の内容について

遺産相続の問題においては、どの家庭においても起こりうることとしてあげることが可能になります。遺産相続のトラブルについては、だいたいが不動産などの割り切れない遺産の場合において起こります。

また、遺言書があった場合において遺言書の内容が一方的で理不尽なものであった場合においては、イレギュラーな対応として遺留分が適用される流れになります。遺留分は法律で定められた当然の権利となりますので、保証された遺産を受け取る権利があります。いずれにしても遺産分割協議で、相続人同士がしっかりと話し合うことが大切になります。

遺産分割協議に関する記事

ページトップ