安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 相続手続きが得意な弁護士

探したい相続手続きが得意な弁護士

今では相続手続きが得意な弁護士が知り合いにいないという人も多いと思います。ではそんな場合にどうしているのでしょうか。相続手続きが得意な弁護士が知り合いにいなくても、困る事はなく自分でネットを使う事で見つけるといいかと思います。

また、相続手続きが得意な弁護士を探している場合には、その事を公的機関に相談するといい専門家を教えてもらえる事もあります。

ですので、相続手続きが得意な弁護士のコネがなくても心配する必要などはないと思います。相続手続きが得意な弁護士で、自分の地域に対応している人をチェックしたいですね。自分の地域に対応していれば、出張してもらう必要などもないでしょう。

相続手続きについて

相続には様々な手続きがあり、期限内に行わなければならないこともあります。 まずは故人が死亡したことを伝えるために死亡届を提出する必要があり、これは死亡後7日以内に提出する必要があります。次に3か月以内にするものとして遺言書の有無です。また誰が法定相続人になるのかを調査しておくと遺産の分割協議がスムーズになります。

遺産がどのくらいあるのかを確認し分割方法や誰が何をもらうのかを決めていきます。プラスの遺産もあればマイナスの遺産もあるため、すべてを受け継ぐか負の遺産が多い場合には相続放棄の手続きを3か月以内にする必要があります。

煩雑な相続手続きと引き換えに行う相続税対策

相続手続きは煩雑になるものの、相続税対策として有効な方法がいくつかあります。 例えば、養子縁組をすることで法定相続人の数を増やす事ができます。法定相続人が増えると、相続税の計算において基礎控除額が一人600万円、死亡保険金の非課税枠が一人500万円も増え、相続財産の額によって税率が下がるので節税に効果的です。

しかし、被相続人に実子が居る場合は一人、居ない場合は二人までしか養子とすることはできませんし、相続人が増える事で戸籍を収集する相続人の調査や遺産分割協議などの相続手続きが煩雑になる上、孫を養子にした場合などは相続税が1.2倍となるデメリットもありますので、十分な検討が必要となります。

遺言書通りに相続手続き

もし遺言書を発見する事ができた場合には、遺言書通りに相続手続きをするという事が基本となります。遺言書を遺す事によって法的な相続手続きとは異なる配分にするという事も可能です。

相続手続きの際に、友人など血縁関係のない人であっても面倒をみてもらったので、お礼として少し渡したいという事もあるかと思われますが、遺言書を作成する事で、相続手続きの際にはその通りに行ってもらう事ができます。

しかし、実際の相続手続きは自分がいない所で遺された家族が行う事になりますので、なぜなのかという事が理解できない場合には、不満が募る事もありますので、遺言書には理由までしっかりと記載するのが好ましいでしょう。

有価証券の相続手続き

故人が生前に所有していたすべての有価証券については把握できていないという事もある様で、相続手続きの際に見忘れてしまいがちですが非常に重要となります。間違いなく相続手続きを行うためにも、すべての有価証券について確かめる必要があります。

有価証券の相続手続きには株式や外貨、もしくは債券などあらゆる物が含まれています。相続手続きを終えてしまってからでは遅いので、それまでにしっかりと部屋の中で関連する書類などを見つけておく必要があります。相続手続きでは、有価証券の調査を行うという作業は大事ですので、家族と手分けして探すなどするといいでしょう。問題なく相続ができればいいでしょう。

預金額と遺産相続相談の大切さ

遺産相続相談のサポートが優れている法律事務所は、今や幅広い年代の消費者からの注目が集まっており、具体的な相続手続きの進め方を理解するにあたり、まずは便利な情報をしっかりと仕入れることが大事です。

特に、預金額の相場を理解したい場合には、ある程度の経験が必要となることがありますが、いざという時に備えて、ベテランの弁護士や司法書士などからアドバイスを受けることが良いでしょう。 また、遺産相続相談のシステムの内容は、それぞれの法律事務所の運営者の判断に大きく左右されるため、事前に予約の取り方をきちんと把握することが大切です。

相続手続きに関する記事

ページトップ