安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談等。
HOME 相続手続きの対象となる相続人とは

相続手続きの対象となる相続人とは

亡くなった人が有した財産上の権利や義務を相続手続きを通じて承継すべき法的資格を持つ人のことを相続人といいます。相続の対象となる人は、血族に応じていくつかの順位に分かれます。まず、亡くなった人の子や代襲相続できる人などからなる第一順位者、第一順位者がいない場合は亡くなった人の父母や祖父母などの直系尊属、さらにそれらいずれの順位者も存在しない場合は亡くなった人の兄弟姉妹がなります。

尚、亡くなった人の配偶者は相続においては常に権利義務を受け継ぐ対象者となります。また、胎児には権利能力がありませんが、相続についてはすでに生まれたものとみなされます。相続における手続きはややこしい点もあり、もしそのような状況が起こったら、早めに弁護士や行政書士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。

相続手続きと税金の納付方法

相続手続きをスピーディーに行いたい場合には、税金の納付方法をしっかりと理解することが重要な課題として挙げられます。 近頃は、相続税の計算方法について、様々なメディアで詳しく紹介されることがありますが、少しでも分かりにくいところがある場合には、各分野の専門家の助言を受けることが良いでしょう。

また、実際に相続手続きを終えた人の感想を聞くことによって、常に役立つ情報を得ることが可能となります。 その他、最新の相続手続きの事例をチェックすることで、将来的な問題の発生を以前に防ぐことができるといわれています。

遺言書に関する相続手続きの相談内容について

生前に自身が持っている遺産を誰にどのくらい残すのか、遺産の相続についての 遺言を生きているうちに書き残しておきたいと考える方は多くいらっしゃるでしょう。 自分の考えを遺言として書き残していけるのは、生きている間しかできません。

けれど、相続手続きや遺言書の書き方について、よくわからない方も多数いらっしゃることです。 大阪ではそういった多くの悩みを持つ方が、安心して相談できるように無料の場所を用意しています。

さらに、詳しい内容の説明を求めている方には、経験が豊富な事務所も多数存在しているので、そちらを利用することをお勧めします。遺言書に何をどう書けばいいのか、また相続でどのくらい税金がかかるのかといった相続手続きについて、詳しく知りたい方は無料相談場所ではなく、事務所に行かれるといいでしょう。

生前に行うべき相続手続きの相談内容とは

これまで家族間に何もトラブルが無く仲良く過ごしてきたものの、遺産に纏わる相続手続きにより一気に仲が悪くなってしまうという事例は決して珍しくありません。 自分が亡くなってしまった事が要因となり、遺された家族の仲が悪化するのは悲しいことなので、大阪にある生前贈与に関する専門機関で相談してみましょう。

そういった機関に話を持ちかけてみると、目からウロコのアドバイスが次々も貰えます。 特に、相続手続きに関してあまり認知されていない事として挙げられるのが、贈与税と相続税の分岐点に纏わる情報です。 相続手続きが起因となり生じる2つの税金に関する助言も頂けるので、無駄を無くす事ができるようになります。

相続手続きに関する記事

ページトップ