安心して受け継ぐための相続ナビ。相続手続き・不動産相続・相続放棄・遺産相続トラブル相談、遺産分割協議、遺留分相談、遺言書作成等。
HOME 相続手続きの対象となる相続人とは

相続手続きの対象となる相続人とは

亡くなった人が有した財産上の権利や義務を相続手続きを通じて承継すべき法的資格を持つ人のことを相続人といいます。相続の対象となる人は、血族に応じていくつかの順位に分かれます。まず、亡くなった人の子や代襲相続できる人などからなる第一順位者、第一順位者がいない場合は亡くなった人の父母や祖父母などの直系尊属、さらにそれらいずれの順位者も存在しない場合は亡くなった人の兄弟姉妹がなります。

尚、亡くなった人の配偶者は相続においては常に権利義務を受け継ぐ対象者となります。また、胎児には権利能力がありませんが、相続についてはすでに生まれたものとみなされます。相続における手続きはややこしい点もあり、もしそのような状況が起こったら、早めに弁護士や行政書士などの専門家に相談したほうがいいでしょう。

相続手続きと税金の納付方法

相続手続きをスピーディーに行いたい場合には、税金の納付方法をしっかりと理解することが重要な課題として挙げられます。 近頃は、相続税の計算方法について、様々なメディアで詳しく紹介されることがありますが、少しでも分かりにくいところがある場合には、各分野の専門家の助言を受けることが良いでしょう。

また、実際に相続手続きを終えた人の感想を聞くことによって、常に役立つ情報を得ることが可能となります。 その他、最新の相続手続きの事例をチェックすることで、将来的な問題の発生を以前に防ぐことができるといわれています。

遺言書に関する相続手続きの相談内容について

生前に自身が持っている遺産を誰にどのくらい残すのか、遺産の相続についての 遺言を生きているうちに書き残しておきたいと考える方は多くいらっしゃるでしょう。 自分の考えを遺言として書き残していけるのは、生きている間しかできません。

けれど、相続手続きや遺言書の書き方について、よくわからない方も多数いらっしゃることです。 大阪ではそういった多くの悩みを持つ方が、安心して相談できるように無料の場所を用意しています。

さらに、詳しい内容の説明を求めている方には、経験が豊富な事務所も多数存在しているので、そちらを利用することをお勧めします。遺言書に何をどう書けばいいのか、また相続でどのくらい税金がかかるのかといった相続手続きについて、詳しく知りたい方は無料相談場所ではなく、事務所に行かれるといいでしょう。

生前に行うべき相続手続きの相談内容とは

これまで家族間に何もトラブルが無く仲良く過ごしてきたものの、遺産に纏わる相続手続きにより一気に仲が悪くなってしまうという事例は決して珍しくありません。 自分が亡くなってしまった事が要因となり、遺された家族の仲が悪化するのは悲しいことなので、大阪にある生前贈与に関する専門機関で相談してみましょう。

そういった機関に話を持ちかけてみると、目からウロコのアドバイスが次々も貰えます。 特に、相続手続きに関してあまり認知されていない事として挙げられるのが、贈与税と相続税の分岐点に纏わる情報です。 相続手続きが起因となり生じる2つの税金に関する助言も頂けるので、無駄を無くす事ができるようになります。

相続手続きで遺留分を主張する

相続手続きで遺留分を主張する場合、遺産分割協議もしくは家庭裁判所に調停を申し立てます。遺留分は民法に規定する最低限の取り分であり、遺言等によりそれを侵害された場合は、減殺請求によって侵害された遺産を取り戻す事ができます。

遺留分は権利を行使する旨を相手に伝えるだけで権利を行使できますので、通常は遺産分割協議で行いますが、それをしてもなお侵害された遺産の返還に応じない場合は、家庭裁判所に遺留分減殺による物件返還請求の調停を申立て、第三者を交えて返還を求める事になります。なお、調停が不成立となった場合は審判によって裁判官が判断を受ける事になります。

相続手続きでまず必要となる物

相続手続きの中でも、手間がかかって大変という声が多いのが、書類集めです。手間がかかる人がたくさんいる書類収集は、税理士にお願いするのが理想的ですが、自分でおこなう場合はまず必要となってくるのが相続関係図です。

相続関係説明図というのは、亡くなった方の相続人が誰なのかを図式にしたもので、自分で作成する必要があります。相続人を確定させる戸籍収集を終えたあとに取りかかる作業で、フリーソフトがあるので無料のテンプレートを利用すると円滑に進められます。相続手続きをおこなうためには、誰に財産を受け取る権利があるのか、まずは確定させましょう。

相続手続きに関する記事

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)に関する記事情報には責任は負いかねます。

相続手続き、遺言書作成、遺産分割協議、遺留分に関する記事以外のお問い合わせはこちらから

遺産相続(相続手続き、遺産分割協議、遺留分、遺言書作成)の詳細は弁護士、法律事務所にお尋ねください。大阪、千葉、東京には多くの弁護士、法律事務所があります。

コンテンツメニュー
相談をして相続の揉め事を回避
相続手続き代行
相続手続きが得意な弁護士
相続手続き
相続手続きを司法書士に
相続手続きの対象となる相続人とは
着目したい相続手続きのポイントとは
行方不明の家族と相続
相続税お尋ね
相続税税務調査
未成年への遺産相続からトラブル
預貯金解約を含む遺産相続手続きは弁護士や司法書士へ
遺産相続は弁護士へ依頼
遺産相続の際の相続人は誰
遺産相続で相続問題となるもの
相続相談の相場はどれくらいか
遺言書作成
パソコンで入力しない遺言書作成
遺言書作成の際に相続税も把握
遺言書作成
相続手続きなら遺言書作成
有効な遺言書作成方法とは
遺言書作成には紛失のリスクがある
遺言書作成の意義について
相続税お尋ね
回答しないといけない相続税お尋ね
注意したい相続税のお尋ね
遺留分
遺留分
なぜ遺留分請求制度があるの?
注意したい遺留分の内容項目
遺留分減殺請求には期限がある
遺留分は相続人の生活を守る
遺産分割協議
遺産分割協議
遺産分割協議を検討するポイント
遺産分割協議を行う際の順位
遺産分割協議は強制参加
遺産分割協議を円滑にすすめるために欠かせないもの
未成年者と遺産分割協議について
不動産の相続
土地または不動産の相続
相続の手続きをしたい空き家や空き地
複雑な不動産や土地の相続
ページトップ